立葵



「初めてのHP」の時、「やり方次第」なのが分からなくて、「いつ止めよう」と思案しながら「良くお休み」していました。
すると「また休みですか、何か書きなさい」ストレートに言ってくる人が居て「ネタはあるんですけど」とお答えすると「イキが下がりますよ」と返って来るのでした。
始終親しくしていた人ではなかったのですが、今もこのような形で続けていると、しばしば思い返しては、面白い人だったなあと思います。
と言うワケでネタはいっぱいアリ(笑)さて、何処から?
夕方まで「胸が絞られるような苦しい思い」をしていたのですが、旧友の話の中と、今日の話の中に「全く同じ言葉」があり、それが突破口になったかも知れません。
気持ちの持ち様でも、「当たり前のコト」でも(笑)。
で、数あるネタの中から選んだのは「立葵」です。
タップの初年度産駒、栄えある先陣を切ったのは…またアトで。
1着ではなかったけれど「いい競馬」だったと思っています。
まだまだこれから夢と希望。
立葵、他所様の庭に、白、桃、赤とあって、アングルが良かったのが赤で、実際はもっと優しい色です。
玄関にかかる白い薔薇がとても素敵なお宅で、わたしは「競馬新聞」の行き帰りにチラチラ(笑)見とれるのでした。
その朝は、モッコウバラが見事に刈り込まれて居て、思わず立ち止まったトコロで、初めてそのお宅の奥様とバッタリ出会ってしまいました。
涼しげなワンピースに長めの髪をザックリまとめて、素手に剪定鋏を持っていらして、それは「まっとうな日曜日の朝」の景色でした。
お声をかけていただいて、これまで「遠目」に拝見していたのを「間近」で珍しいものをたくさん見せていただいたのは良かったのですが。
当方「まっとうではなく」て。
買い物籠に競馬新聞、短波ラジオからは競馬実況、こんな日に限って「ガリガリくん」とか…後ろ手に隠して…奥様は見なかったコト、聴こえなかったコトにしてくださって、アリガタイことでございました(笑)。
夕方から少し気分が楽になって「小説の続き」と「溜まった新聞」を読みました。
5月16日『天声人語』から「言痛し」(こちたし)自戒を込めて。
今日は一日雨降りで、ちょっとお酒を、これから。


[PR]
# by venuscat | 2009-06-22 23:00 | 日記

新馬戦の朝


d0085267_0231187.jpg



[PR]
# by venuscat | 2009-06-21 08:30 | 日記

旧友



「ひと声」で「あら、あーたらちゃん、お久し振り」
「わかる?」
「そんな声で電話してくるのあーたらちゃんしかいないわよ」
「そんな声してる?」
「してるわよ。何かあった?」
「まあね、今いい?」
「いいわよ、はいどうぞ」
1回戦15分。間をおいて2回戦45分。
「電話代かかるわよ」
「仕方ないわ」
「お悩み相談」終って。
「つよぽんタイヘンだったわねえ」のんびりした声。
「うん、心配したわ」
「心配?どうして?」
「ファン長いもの」
「長いわねえ」
「タイヘンだった、ブログやってて」
「ブログ?そんなのやってるの?」
「過去ログ残ってるし、競馬のことしか書いてなかったから」
「競馬?」「いつから?」
「色々ございまして」「あのさ、近くに競馬場あるわよ」
「何処に?」
「電車一本だと思う」
「あたしは興味ないわよ」
「いいわよ、独り遊びの究極だもの」
「そんなものなの?」
「そんなものなのよ」
彼女はまだ「介護」という言葉が無かった時から「自宅介護」をしている。
「お母様、お加減どう?」
「あいかわらず、元気よ」
「羨ましいわ」「お父様は?」
「歳だけどね、バリバリ元気」
「お母さん惜しかったわね」
「うん、惜しかった」
「これからどうするの?」
「明日競馬出来るといいんだけど」
「困った人だわねえ」
「まあね」
『重力ピエロ』やっと半分くらい、頑張って間に合わせる予定。
テレビドラマ前編『刑事一代・平塚八兵衛の昭和事件史』
酒肴用意して…柴野さんいるけど鷲津さんいない…
やっぱりヘン(笑)どうかしてますが、最終元気(笑)。
記録。


[PR]
# by venuscat | 2009-06-20 23:45 | 日記

リネンダイドウ



今日は雨もよいの静かな一日だった。
先週の疲れが出たようで、ようやく眠れるようになった。
相変わらず「悪夢」を見るけれど(笑)。
春競馬が終って、来週から夏競馬が始まる。
6月21日(日)
2回福島2日 5R サラ系2歳新馬
芝右 1200
リネンダイドウ
栗毛 2007年3月16日生
調教師 (東)南田美智雄
馬主 戸山光男(赤 黒二本輪 白袖)
生産者 平野牧場
産地 新ひだか町
馬名の由来意味 冠名+大道
父 タップダンスシチー
母 リネンティアラ
母父 マルゼンスキー
母母 エリモイメージ
新馬戦、出走予定14頭、アイウエオ順、最後(笑)。
タップの仔が「中央」で走る。
今は、走るだけで目出鯛と思う。
馬の名前くらいしか知らないで競馬を始めて「ヤマカツスズラン」を憶えていたから「スナークスズラン」を応援して「平野牧場」を知る。
と言っても未だに名前だけで、タイキミステリー札幌6Rも注目。
リネンダイドウ緒戦鞍上は田辺裕信騎手。
田辺さんと言えばヤエノアカハチ、ここも嬉しくて楽しい。
きっと人馬とも「大器晩成」に違いない(笑)。
競馬雑誌やテレビ雑誌を見てみたいが、終日おこもりで、何ともならない。
懸案の「植木屋さん」が決まるかも知れない。
前に御紹介いただいたトコロは値段の折り合いが付かなかった。
困って相談したら「300坪もありそうですね」と笑われた。
「お金のない悲劇」。
JRAVANヴァージョンアップ改定版になった。
余計なお世話(笑)な成績表が出て、「2009年すべて」を見ると「回収率」606.4%。
買い目の記録が残っていて「中山金杯」3単6点、買っていればの成績(笑)。
景気良く残しておきましょう。
手が届きそうで届かない「するりと逃げる悪い男」JRA。
「明るく楽しく」まずは思うコトから始めて「買い叩く」。


[PR]
# by venuscat | 2009-06-18 23:00 | 日記

モスのアナ


何年前だったか「ズンダモチシェイク」が発売されてオモシロイと思い、わざわざ、その為にモスに行ったことがありました。
美味しかったと思います。
2009年6月14日(日)3回中京8日 
2R 3歳未勝利
ズンダモチ(福永)1人3着

今朝、大分前の新聞おそらく「新商品紹介」記事で、「ドーナツバーガー」の真相を知りました。
「ドーナツの形をした肉」であって「穴の部分には、マヨネーズをもとにしたわさび味のソースを入れる」が正しく、「本物のドーナツを挟んだ新商品」ではなかった。
「ご飯にお好み焼き」みたいと思っていたのでした。
次回、心おきなく楽しみにお持ち帰りしたいと思っています。
『ぷっすま』「モス・アマゾン」も、見直してみます。
PC壁紙「レタス」にしてみました。
「競馬」の土日は「トマト」に変えて攻めます(笑)。
『赤目四十八瀧心中未遂』が届いたので、居睡りしながら見ました。
鷲津さんは「彫師で天下を取る」未来と希望を明るく語っていて、やはり「声」は数年「若い」と感じました。
憶えていたシーンはありましたが…今は少し重く感じました。
一つ歳を取ると一つ恐いことが増えるような。
気持ちのモチようでしょうか。
この次の作品は「押入れの何処か」ですが…難関と思われます。
埃が目に沁みて。
今夜はこれから『ぷっすま』楽しみです。


[PR]
# by venuscat | 2009-06-16 22:30 | 日記