人気ブログランキング |

カテゴリ:日記( 1247 )

絶景かな

向うにするかこっちにするか。どっち?
結果気楽なこっち(笑)
※「家族のはなし Part1」の感想は殆ど有りません。

草なぎさん舞台。京都!5月!
思い起こせば去年の5月。
「バリーターク」をもう1度見たい。
その為もあって東京競馬場のオークスに行きました。
当日券狙いでしたが、思い出したのはレースが終わって帰り道。
京王線府中競馬正門前駅までの通路の途中で「あ」小さな声が出ました。
完全に忘れていました(笑)

今回は、どーいたしましょ?
決め手は小西真奈美さんでした。
蒲田1999と蒲田2000以来。
あれから20年!
日程は迷いました。
なにしろ春競馬真っ盛り(笑)
今年はオークスよりもヴィクトリアマイル。
そこから逆算して行きました。
逆算しすぎまして出発間際になっても曜日を間違える!
たびたび確認しておりました。
何しに行ったの?と言われそうではございますが(笑)
せっかく関西まで行くのですから。
園田競馬場!

意外にここからとも言える競馬場です。
朝日新聞の読書欄に載った亀和田武さんのコラム。
飛行機が見える競馬場ってどんなところ?
2004年菊花賞は、まだ兵庫県競馬所属の岩田さん鞍上のデルタブルース優勝でした。
このころはもう東スポを買っていました。
※翌年賭けるとは露知らず(笑)
出馬表を見て、最内のオペラシチーか大外のデルタブルースか。
単純にオペラかブルースか迷っているわけです(笑)
岩田さんも哲三さんも知りませんでした。
記憶は定かでは有りませんが、オペラシチーを選んだと思います。
デルタブルースを選んでいれば岩田さんのファンになっていたかもですから(笑)
哲三さんの最初のご縁はオペラシチーでした!
今出馬表を見返しますと色色興味深く思います。

2004年のダービー馬は、安勝さん鞍上のキングカメハメハ。
ホッカイドウ競馬所属のコスモバルク。
高知競馬のハルウララに湧いた年でも有りました。
翌2005年。
中央競馬はディープインパクト一色になります。
たった1年でスタアが変わる競馬に驚きました。
こわいもの知らずで(笑)2005年菊花賞を見に行きました。
足はあっても宿が無いと嘆かれた年で、今回その時の宿がわかりました。
この時に園田競馬場に行ってみたくて、中1日を京都観光に充てました。
随分精力的にまわって、憧れの園田競馬場2日間!
今では考えられません(笑)まだ若かった(笑)

2005年以来の園田競馬場でした。
外観は左程変わらないのですが、内装は見違える程きれいになっていました。
ふらふらしたい思いもあって指定席は取りませんでした。
午前中は日差しもそれほどではなく、いいお天気でそれはそれは快適でした。
競馬を見に来たのか飛行機を見に来たのか(笑)
新聞は競馬キンキ!
2005年は勝たせてもらいましたが、今回はさっぱり分からずどうしましょ。
運試しに賭けてみましたが外れ。
ひねりが足りませんでした。
気合を入れて(笑)4戦3勝で終えました。
年季の入ったおじさん達のレース解説は面白くて楽しくて最高でした。
とにかく良く見えていて。
わたしもそうなりたいと思いました。
でも馬券は、わたしが当ってる。おじさんたち外す。
さすがに言えませんでした(笑)
メインの新緑特別は、ドウカンヤマ川原騎手、優勝でした。
表彰状は令和元年でした。
お楽しみのお食事(笑)
園田屋さんのおでんは午後は暑くてさすがに。残念でした。
一八さんでサワーとまぐろ串。
美味しかったです!
無料バスと阪急電車に乗って京都に戻りました。

2回目の京都競馬場は哲三さんの引退式でした。
台風で足止めをくらって競馬場のみ。観光無し(笑)
今回はさすがに観光しましょう!
憧れの南禅寺水路閣へ。
法堂、水路閣、南禅院、方丈庭園と見てまわりました。
水路閣は圧巻でした。
行きと帰り2回(笑)
方丈庭園は人気の無い時間にもあたり、自然に心静かになりました。
〆は山門。
急な階段で帰り大丈夫かしらと心配しましたが、手摺に捕まって横歩きで無事に(笑)
ここまで相当な時間と疲労。
蹴上げインクラインは駄目かと思いきや。
ねじりまんぽから南禅寺に入りましたので。
帰りは参道をくだりました。
なんと蹴上げインクライン!
線路の間に敷石が有って歩けるようになっていて実際歩いている人達も見かけましたが。
もうへとへとで(笑)
蹴上駅までの間にちょっと入れる隙間があってちょっとだけ。
こちらも大感激でした。
始終水の音が聴こえたような気が致します。
京都観光南禅寺水路閣蹴上げインクライン。
ブラタモリの旅!最高でした!

何があるか分からないので、まっすぐ京都駅前に戻りました。
「家族のかたち Part1」夜の部。
一度は座ってみたい憧れのお席でした。
感想はみなさんが書かれている通り(笑)
わたくしは2話「笑って忘れて」に蒲田のヤスと小夏が見えたような気が致しました。

翌日は京都競馬場。
京都のレースを外す!と言う面白いのか情けないのか(笑)
翌日は東京競馬場。
ヴィクトリアマイル!
ラッキーライラック石橋さんからだけ(笑)
最終レースまで粘りましてワイド2つ的中!

これこなせるの?
全日程こなして帰ってまいりました♪
筋肉痛から来る絶賛跛行中でございます。


by venuscat | 2019-05-14 14:30 | 日記

乗り替り

先週土曜日の2回東京5日
10R以降取りやめになった。
わたくしは京都新聞杯が分からなくて馬券が決まらなくて難議していた。
新潟は邁進特別。
千直のハンデ戦!
先週はひねくれて買って外したので素直に。
とは言ってもハンデ戦なので、あれこれ考える。
下手な考え休むに似たりとも言うが、本人は面白くて楽しい。
15番人気のライオンボスが堂堂と勝利した。
当方は枠連で的中!6人気だった。
分からなかった京都新聞杯は、酒井さん鞍上のレッドジェニアル優勝。
11番人気の伏兵で上りは最速だった。
勿論ダービーに行く。
分からないものである。
天候異変があると遠く離れていても何かしら緊張する。
翌日曜日はそろりとした朝だった。
ケンタッキーダービーには間に合わなかった。
1番人気1位入線マキシマムセキュリティーが17着降着の大波乱が起きていた。
降着制度は、日本はPart1 アメリカはPart2のようだった。
日本のマスターフェンサーは6着。
日本馬としては最高着順。
それからNHKマイルC東京芝1600
ハンデ戦が好き!等とふざけたことを言っているので(笑)
中々難しいレースである。
思いもしなかったことが起こった。
1番人気のグランアレグリアが斜行して審議。
パトロール映像が出て、これはアウトでしょう。
鞍上のCルメさんは過怠金では済まないだろうなあと思った。
審議放送は、これまで定型文のように読み上げられていた文章とは違っていた。
ダノンチェイサー4着。
グランアレグリア5着。
上位3頭は審議対象外で確定。
鞍上のC.ルメールさんは開催6日間16日間の騎乗停止。
加重制裁だった。
ダービー:サートゥルナーリア
目黒記念:ブラストワンピース
ヴィクトリアマイル:ノームコア
オークス:コントラチェック
主だったところ。全馬乗り替りになる。
ダービーは乗り替りは勝てないと言うジンクスがある。
応援してきたファンは気が気ではないだろう。
わたくしはクラージュゲリエの鞍上が誰になるのか?
正式発表はいつなのか気を揉んでいる。


by venuscat | 2019-05-07 11:30 | 日記

2019 JRAブリーズアップセール

d0085267_17195963.jpg

d0085267_17202326.jpg

d0085267_17204332.jpg


画像:馬市.com


by venuscat | 2019-04-23 17:20 | 日記

二つの人生




皐月賞は荒れて欲しい。
え?と言う結果になって日本ダービーわけわかりません!
になって欲しい。
希望はかなわず(笑)素直な結果でした。
的中は枠連のみ。
枠連は何処か当るでしょうと思っていました。
来るとしたら2枠か4枠。
でもこわいので6枠から内は買いました。
※3枠は除いて複勝2点。
他は、あちこち買ってトリガミでした。
※トリガミ上等(笑)承知の上(笑)

問題は※問題でも無いですけれど。
18頭生産牧場内訳。
ノーザンF:6頭
社台F:1頭
社台白老F:1頭
その他牧場:10頭

わたくしの理想は(笑)
社台か白老から1頭。
その他牧場から1頭。
ここに近いのが3着したダノンキングリーでした。
結果掲示板4頭がノーザンF生産馬でした。
クラージュゲリエ横典さん14人気5着。
※ノーザンF生産馬です。
日本ダービー優先出走権獲得!
JRA-VANPOG指名馬。
嬉しい。順調に行きますように。

しかしリオンリオンが青葉賞出走予定。
鞍上は横典さんで、ここも優先出走権を取りに来るでしょう。
リオンリオンは注目馬。
さてどうなりましょうか?

皐月賞出走18頭のうち。
外国人騎手が鞍上だった競走馬は7頭。
馬券になったのは、サートゥルナーリア1頭だけでした。
Mデムさんは、アドマイヤマーズとサートゥルナーリアに新馬から乗っていましたが。
サートゥルナーリアが、Cルメさんになって優勝でした。

ここまでまくら。ここから本題(笑)
競馬予想は色色様様で、人に寄っても違うでしょうし。
どれが良くてどれが悪いと言うことも無い。
勝利への近道は時代に沿えるかどうか。
※予想方法が確立している人は来る!のを待つ。

昭和48年はハイセイコーブーム。
競馬をしない人知らない人でも分かったブームでした。
日本ダービーは1人気3着。
当時の記録はたくさん残っていますから最低限出馬表は見られます。
もう50年近く前!
競馬も競馬CMも変わったんだなあと実感出来ました。

サートゥルナーリアの戦績はここまで優等生そのもの。
このまま行きそうな感じも致しますが。
日本ダービー意外な馬が勝たないかなと漠然とお気楽に考えてみたりします(笑)

***

NHK総合TV
皐月賞中継を見ました。
鈴木康弘元調教師の解説は聴きやすい。
上位3頭は左程差が無いと言う見解でした。



by venuscat | 2019-04-15 14:40 | 日記

ノーカット生放送

昨晩 2019年3月21日(木・祝)
「NHKニュース9」を楽しみにしていた方も大勢いらしたことと思います。
当方は「ラジオで平成ネット史(仮)」
NHKR1 9時05分からの放送を楽しみにしておりました。

聴き逃しの無いようにタイマーを10分前にかけました。
ラジオはいくつか聴けるものが有りますが、母のポケットラジオが便利。
父母は野球中継が大好きでした。
このポケットラジオは、母が野球の延長戦を聴く為のものでした。

番組が始る前のニュースでイチロー選手引退とその会見が伝えられました。
野球ファンに取ってはビッグニュースでしょう。
と思いながら(笑)
わたくしは「ラジオで平成ネット史(仮)」1部2部あっと言う間の2時間を楽しみました。
※続きはニッポン放送で
※聞き逃しはらじるらじるで
らじるらじるで聴けたんたんだあと思いました(笑)
でもオンタイムの面白さはまたべつで。
スマホのタイムラインも楽しい。

テレビは予定していた番組を放送しなくちゃならない。
CMも大事。
昨日イチロー選手の引退報告会見をノーカットで放送したのは
AbemaTV:
イチロー選手が現役引退を表明!緊急会見をノーカットで生中継
nikoniko:
イチロー現役引退を表明/記者会見【全編ノーカット】
BS日テレ
のようでした。
アベマとニコ動は今でも見られます。

わたくしは
「萩原健太のポップス・クロニクル」2018年 05月 18日
がたまに上がってくるのが不思議でした。
何か書きました?
「テレビよりもネット。テレビよりもラジオ。」
昨日はそんな夜だったようです。

夕方はyoutube
パオパオチャンネルさんとのコラボ企画
草なぎちゃんねるの料理企画を楽しみました。
※白菜ときゃべつ一緒に?!
何を見るか何を聴くか何を読むか。
選ぶ時代選べる時代になったのだと思います。
※CMはyoutubeでも頻繁に流れています。


by venuscat | 2019-03-22 12:40 | 日記

【!】

木曜日に競馬の反省文を書き終わりまして。
明日「まく子」行ける!

アネモネS青葉賞が終わりますと、桜花賞皐月賞。
いよいよだなあと言う感じがします。
もちろんまだまだレースは有ります。
と言うわけで。
土曜日曜は競馬なので(笑)まず金曜日(笑)
バスに乗って鉄道に乗って行ってまいりました。
映画「まく子」見てまいりました。

※ネタバレ含みます。

サトシの下校からあかつき館まで。
多分好きな映画と言う感触を持ちました。
意外でしたのが、2度程涙ぐんだことでございました。
「まく子」って泣く映画だったの?
原作は2回に分けて読んでおりました。
びっくり致しまして(笑)
1回見てから決めましょうと思っていた2回目も見てまいりました。

サトシとコズエが主人公。
版元が福音館。
これで児童文学と思ってしまいます。
※原作と映画に付いては、作者の西加奈子さんも監督の鶴岡慧子さんも、それぞれ同じ解釈のように思いました。
何回も見たはずの予告編でしたが見返してみますと。
「今を生きる大人たちに贈る」と言っていました。
予告編は相当なネタバレをしております(笑)
サトシやコズエの年齢には戻れない。
あと何年生きられるのかなあと漠然と考えてみたりする齢になって。
母のくちぐせ「その時はその時」
大丈夫じゃない?!と思える映画でした。
当然(笑)また見たいと思っております。

映画から帰って来て「家族のはなし」
第1希望が当選しておりました。
哲三さんの引退式以来の京都。
あの時は、行かないと後悔しますよ、と言われて行きました。
その通りでした。
のちのち行って良かったと実感することになります。
5月と言えば。
競馬の真っ最中ではございますが(笑)幸運を大事にして行ってまいります。

「ブラタモリ」47都道府県制覇。
今日の129回鳴門で結願でございました。
次回は4月13日 甲府盆地
明日の希望、秋田問題も有りますし、楽しみにしています。


by venuscat | 2019-03-16 21:40 | 日記

映画『まく子』予告


by venuscat | 2019-03-01 20:30 | 日記

この歳で

ヴァンサンカン!
「25ans」4月号。
ぼくらのARTのある暮らし
「草なぎさんとワンコ」

草なぎさんより、くるみちゃんのあれやこれやを気にかけてしまいます(笑)
くるみちゃんが草なぎ剛を翻弄しているかのように見えるのは面白い。
と思えば、健気なくるみちゃんも垣間見られたり致します。
※YouTubeのお蔭様!
とどのつまりは二人共、可愛い(笑)

去年「バリーターク」で「リンネル」を買いました。
どうと言うことの無い1頁の記事でしたけれど。
※失礼致します(笑)
雑誌自体は楽しく拝見致しました。
付録のトートバッグは今年の夏は1回くらい使いましょうと思っています(笑)
※去年は通院で重宝致しました。

ヴァンサンカン!
この雑誌は結構長い。
久々に楽しんでおります。
重い(笑)
女性の装いは大変!
今話題のパンプス云々は、1997年「いいひと。」を見てみましょう。
基本。ドレスコードは有る方がいいと思っています。
わたくしの子供時代は「よそゆき」と言っていました。
※合わないパンプスやヒールは地獄です!
話が反れました(笑)

「草なぎさんとワンコ」は額装にしたいくらい。
キヤノンのパンフレットをいただきに行かなかったのが悔やまれます。
※このたび新製品が出ます。
※何故かメールが来ます!

***

競馬書かないで何してますのん?
まあまあ自分大事で(笑)書けるまで待ちます。
先だって「NHK平成ネット史(仮)」が放送されました。
大層面白かった。
わたくしのネット史も振り返ってみました。
かれこれ20年!

PCは、草なぎさんSMAP起源。
SNSも同上(笑)
競馬の為には持っていました。
※見るだけ。競馬場ではJRA-VANやnetkeiba。
草なぎ剛はつよし!
クサナギクルミはもっとつよし(笑)独占(笑)



by venuscat | 2019-03-01 17:40 | 日記

好色

d0085267_19434536.jpg


適当な言葉が見つからないので(笑)

クソ野郎と美しき世界

EPISODE.03「光へ、航る」
オサムと裕子のスチールを見て驚愕したのは記憶に新しい。
それまで草なぎ剛と尾野真千子さんはクロスしなかった。
考えてもみなかった。
最高に似合っていた(笑)

「まく子」
南雲光一:草彅剛
南雲明美:須藤理彩
主人公サトシの父母である。
いい写真だなあ。
最高に似合っている(笑)

草なぎ剛という人は好色なのではなかろうか。
大人の女性との並びは抜群に良い。
※ファンになって20余年。
※あまたの女優さんを見てまいりました。

わたくしの母は昔の人で手先のことは何でもこなした。
その娘のわたくしはというと針を持つのも面倒で(笑)ほつれがあれば安全ピンやクリップで留める。
だからなのか。
明美がまとっている手編みのストール。
母であり妻である明美の堅実な日々の生活が伺えるような気がします。

キミエ:根岸季衣
蒲田行進曲の初代小夏
「あなたへ」も嬉しかった。
楽しみにしています。

画像:まく子公式ツイッター




by venuscat | 2019-02-23 21:00 | 日記

「黄泉がえり」監督:塩田明彦

神保町シアターでの「黄泉がえり」上映。
監督の塩田明彦さんのトークショー。
お聴きしたいと思っても行けませんでした。

積雪や競走馬の輸送など問題有りで、土曜日東京は代替開催になり。
3日間競馬。
目出たくなく負けて終わりました。
悲しい(笑)反省しきりでございます。

そんな翌日の朝。新聞休刊日ではございますが。
塩田監督のトークショーを少し上げてくださる方有り。
嬉しく有りがたく思います。

手前味噌ではございますが(笑)自分で検索いたしまして(笑)
***
鈍感な粘着質

2014年 01月 15日
映画「黄泉がえり」ラスト平太の台詞が好きです。
「銭の戦争」にみたもの。
わたくしなりに書いております(笑)。
***
これだけ控えめに書きましたのは、当時、大島優子さんの紺野未央さんバッシングがすざましかったからです。
ヒロインが二人居れば、好みが分かれるのは「TEAM」で学習しておりました。
その時は新鮮な驚き(笑)でしたが、この問題は意外に根深いように思います。
草なぎ剛ドラマを見てきて、ここまで酷いと感じたことは有りませんでした。
普通は共演者には礼を尽くすもので。
この人達ほんとうに草なぎ剛のファンなの?
疑問に思うこともしばしばでした。

銭の戦争では白石富雄は紺野未央の前から姿を消しますが。
500円玉貯金をする紺野未央の思いに、黄泉がえりのラストを重ねたと言うわけでした。
解釈は人それぞれなのは理解しております。
わたくしの生活でも同じ思いを実感する瞬間が有って、生きて行けると思ったものでした。

「黄泉がえり」は、草なぎ剛主演映画では今でもベスト1です。
コメンタリーも大好きです。
わたくしは映画素人ですが、大ヒットした原因の一つに。
撮影:喜久村徳章 も大きいと思っております。

草なぎさんは舞台もいいのですが。
やはり映画やドラマも見たいなあと思います。
「台風家族」については別途。

当時は、東宝の直営館の上映でした。
大きいスクリーンから小さいスクリーンに移動しても満杯。
また大きいスクリーンに戻った時には、大ヒットを肌で感じました。

コメンタリーは「日本沈没」の樋口真嗣さんも好きで。
塩田明彦さんと樋口真嗣さんが組んでゴジラ!
通います(笑)

***

「まく子」当県上映有ります!
鉄道に乗ってまいります。楽しみ。


by venuscat | 2019-02-12 12:30 | 日記