死と乙女

「週刊文春」2015年1月22日 発売
ジャニーズ女帝怒りの独白5時間

この記事が今回のSMAP騒動の発端とされています。
しかしわたくしは、どうしても疑問を持ってしまいます。
そこから、わたくしなりの妄想展開予想が始まります(笑)。
未だ、わたくしと同じ見解もとい妄想を読んだり聴いたりしたことは有りません。
ですから一笑にふされておわりです(笑)。

以前わたくしは今の時代が、ある時代と似ていると書いています。
あの年に起こったある事件は、その後の続報もなく風化しました。
覚えていらっしゃる方は、そう多くないと思っています。
共通点は、テレビ報道と実際は異なったこと。
当時、スポーツ新聞や週刊誌が、どう書きたてたかは知りません。
この事件を追っていたフリーのライターさんは、御病気ではなく、亡くなっています。

もどって「週刊文春」
何故、メリー喜多川さんが、お出ましになったのか。
メリー喜多川さんは、うちの子でないSMAPは、どうでもいいはず。
その後を見れば明らかでしょう。
この記事には、ミスリードが散りばめられているような気がしてなりません。
ジャニーズ事務所のトップは、近藤真彦さんのようです。
ここに鍵、糸口が有るような気がしてなりません。
※しつこいようですが妄想です(笑)。



[PR]
by venuscat | 2016-08-24 01:30