#SINGING

d0085267_19573043.jpg



レコチョク初めて利用しました。
そのままでも良かったのですが。
出来たみたいです(笑)


[PR]
# by venuscat | 2018-12-13 20:00 | 日記

NHK 平成ネット史(仮)




来年のお正月放送予定
NHK Eテレ
前編:1月2日(水)午後11時30分
後編:1月3日(木)午後11時

多分「高輪ゲートウェイ」から辿り着いたのだと思います。
楽しみにしています。



[PR]
# by venuscat | 2018-12-07 11:38 | 日記

お茶いかがですか





[PR]
# by venuscat | 2018-11-30 22:40 | 日記

2分20秒6

2018年11月25日(日)
第38回ジャパンカップ
アーモンドアイ優勝!
牝馬三冠を成し遂げ、さらにJCをも制覇。
2分20秒6はレコードでした。

これまでは2005年11月27日(日)
第25回ジャパンカップ
アルカセット優勝。
2分22秒1がレコードでした。

2006年4月9日(日)
第66回桜花賞
キストゥヘヴン優勝。
※アーモンドアイの母:フサイチパンドラが出走しています。
初めて阪神競馬場に行きました。
ゴール板近くの人ごみの中で観戦致しました。
この年は、阪神外回りコースの工事が行われていました。
阪神競馬場が名残り惜しくて、レースが終わった後、場内を少し歩きました。
まだ阪神内回り外回りが分かっておりませんでした(笑)

この日、人生初めてガラポンを引きました。
ガラポンの機械は1台で、若い女性2人が繰り返し引いていました。
わたしはうしろでしばらく待っていました(笑)
2人はわたしに気が付いて、どうぞと引かせてくれました。
そこで引いたのがアルカセットでした。
2人の若い女性から「すごい!」と言われたのですが意味が分からず(笑)
G1馬を1回で引いたことが凄いことのようでした。
※いまは分かります(笑)
彼女達にはお目当ての馬がいて、出るまで引いていたわけです。

わたくしはアルカセットを持っているのがちょっと嬉しかったのです。
とうとう塗り替えられてしまいました(笑)
アーモンドアイ C.ルメール騎手おめでとうございました。

しかし余りの時計に馬場問題が出て来ました。
日刊極ウマの東京コース解説では。
土曜日も好時計が出ていて、JC当日も晴予報で時計の早い決着になりそう。
予想は2分23秒0前後でした。

アーモンドアイは2分20秒台ですから、驚きます。
それもやっと勝ちましたという勝ち方ではなくて、むしろ余裕(笑)
オークスの時もそうでしたがケロリとして見えるのです。
トップ女優は疲れた顔など見せないのかも知れません(笑)

わたくしは馬場問題には付いていけませんから、お天気を見てみました。
去年シュヴァルグラン優勝のJCに行きました。
一般席に座れましたが日差しが強くて、馬券を詰めるのに日陰に避難したのを思い出しました。

府中ではなくて東京のお天気ですが。
11月9日(金)32ミリの降雨が有りました。
その日以来、雨は降っていませんでした。
ざっとですが。
11月10日(土) 芝:晴良 ダ 晴稍重
11月11日(日) 芝:晴良 ダ 晴良
11月17日(土) 芝:晴良 ダ 晴良
11月18日(日) 芝:曇良 ダ 曇良
11月24日(土) 芝:晴良 ダ 晴良

東京は3開催 ほぼ晴の良馬場でした。
JCを遡りますと2016年キタサンブラック優勝が小雨良。
以外は殆ど晴の良馬場でした。
※2009年ウォッカ優勝は曇良
JCはお天気に恵まれる特異日なのでしょうか。

余り役に立たないことを調べてみました(笑)
競馬の雨は、人にも馬にも負担になりますから良かったなあと思います。

アーモンドアイの余りの時計に、すっかりかすんでしまいましたが(笑)
土曜日 クラージュゲリエが京都2歳S優勝!
JRA-VAN POG指名馬なので「賞状」がもらえる!
初めてのことで、それは楽しみにしておりました。
お知らせのメールが来ておりまして、賞状がいただけました。
G3ですけれど立派な賞状です。
嬉しい♪


d0085267_19510081.jpg


期間限定!
『1本満足バーシリアル苺』新発売!
2018年11月26日(月)

JCのあとに出ます(笑)
勝った人も負けた人も、お祝いに美味しくいただきましょう。






[PR]
# by venuscat | 2018-11-26 20:05 | 日記

教誨師→日々是好日

今日は二十四節気の小雪だそうです。
朝方は、うすうす近づいて来た寒さが、本気を出したようでした。

先週「教誨師」と「日々是好日」映画2本続けてみてまいりました。
教誨師は逃してしまったかと悔やんでいるところの上映で、わたくしの勘違いだったようです。
日々是好日は、当初予定には有りませんでしたが、上映時間が丁度良かったのと、教誨師だけでは重いかも知れないと考えたからでした。
日々是好日は、予習全くなし。
ムタフカズ上映の頃で映画ポスターをネットで見た程度。

黒木華さんの典子さんが、まだ子供の頃。
両親とみた映画「道」が、さっぱりわからなかったと始ります。
たしか「おまけにしろくろ」の台詞もあったような(笑)

わたくしは、あらまあ何と言うご縁!
パンフレットを買っておりませんし、レヴューも殆ど読んでおりませんのですが。
典子さんは20歳から44歳までお茶。茶道に励みます。
きっと典子さんは、お茶の先生樹木希林さんの武田先生のように、生涯お茶と向き合うのだと思います。
急がず慌てず逆らわず。ゆっくりと。

典子さんは、大学生になって。
「道」をみたら、凄く良かった感動したと、はしゃぎます。
いとこの多部未華子さんの美智子さんから、どう良かったの?どう分かったの?
と突っ込まれます(笑)
美智子さんは現実的と言いますか、典子さんとは対照的に人生設計もしっかりしている人でした。

3度目の「道」も海辺のシーンでした。
典子さんは本当に分かったのかも知れません。
わたくしは、まだ分かりません(笑)

武田先生は日々同じことを繰り返して生きていくのよと言います。
※記憶では(笑)
二十四節気が美しく語られます。
典子さんの24年は武田先生の24年でも有ります。
お道具もお着物も見所ですが、24年後の武田先生の着付けも見事でした。

刑が確定した死刑囚には二十四節気など無縁かも知れません。
やくざの組長の光石研さんの吉田睦夫は、クリスマスケーキが出たと執行におびえました。

わたくしは、教誨師の大杉蓮さんと6人の死刑囚が順番に教誨なるものを受けていくと思い込んでいました。
早々と間違いに気が付かされます(笑)
途中は舞台劇のようにも思えますが、やっぱり映画だなあとなります。
死刑囚にとっては教誨師との対話も、日々同じことの繰り返しなのかも知れません。
しかし「教誨師」は「日々是好日」よりも強烈に人生を暴いて行きます。

映画の教誨室は面白い形をしていました。
とても気になりました(笑)
わたくしはラストシーンが分からなかったのですが。
カメラマン山田達也氏の撮影裏話では、解放的な感じを出そうとしたと。
意外でした。
わたくしには△に向って行く大杉蓮さんのように見えたのです。

樹木希林さんも大杉蓮さんも鬼籍に入られました。
全く異なる風貌の映画を残されましたが、中身は同じようにも思えます。
どうも人生、生きることは「道」らしい。
道半ばと言う言葉も有りますし。

***

「ムタフカズ」は希望通り3回見ました。
シールは見た曜日の都合で1枚だけで残念でした。
DVD待ちです。
※出ないなんて有り得ない!と切望しております。
微に入り細にわたって見たい。
多少過激なシーンも有りましたが3人が可愛い(笑)
繰り返しみたい映画でした。


[PR]
# by venuscat | 2018-11-22 13:00 | 日記