皐月賞当日の夢


中学生の頃、学校帰りは路地裏を選んで、友人と昨日見た夢の話をしました。
友人は荒唐無稽、わたくしは現実的な夢が多く、友人が見るような鉄腕アトムやウランちゃんがお花畑で遊んでいる夢をいつか見たいなあと思っていました。
初めてゴジラの夢を見た時は感激したものです。
巨大なゴジラが仰向けに寝ていただけでしたが、それでも嬉しかった。
ここ数年は「悪夢」が多く、慣れてしまっているのですが、『皐月賞』当日の夢は面白かった。
不意に思い立って東京に競馬を見に行った以外は、去年末辺りからここ数ヶ月はピリっとした生活を送れていません。
それでも慣れてはいるので「じっと我慢」なるようになるまで待っています。
『皐月賞』は枠順馬番が発表になって「馬柱」を印刷して、あーたらこたら少々考えてはいましたのですが、決まらず。
当日は「トウスポ」も買いに行けない重篤で、眠っては目覚め、眠っては目覚めを繰り返していました。
目覚める度毎に、眼下の果樹の花房がスローモーションのように開き、終日ウチのナカでベッドに貼り付いているのは勿体ない休日でしたがどーにも仕様がありません。
夢。
競馬実況はいつもの定時、それから第2放送の始まり、第1放送に移行してかけっ放しでした。
わたくしはまだ「中山競馬場」に行ったことが無いのですが、そこは「中山競馬場」で、でもどうみても景色は紅葉の公園で「皐月賞」当日です。
わたくしのお席は下手、劇場のような造りで、3階のバルコニー席です。
いいお席のようでした。
ところが馬券は一端下に降りないと変えなくて、買いに行きます。
当方、方向音痴では無い筈なのですが、帰り迷ってお席に帰れなくなってしまいます。
困ったなあと焦る気持ちもあるものの、丁度目の前、競争を終えた馬が厩務員さんに引かれて通ります。
勝ったのか負けたのかは分かりません。
見ているとその馬の前に小さなプールが現れて、レースが終って汗を流したかったのか、それともその馬はプールが好きなのか、気持ち良さそうに泳ぎ出しました。
すると女性厩務員さんなのですが、するりと上手にアタマからしなやかに飛び込んで一緒に泳いでしまいます。
ここで場面変って、まだ迷ってどうしてもお席に帰れないでいます。
その時、大川慶次郎さんと堺アナが解説しているのが聴こえてきて、声のする方に行ってみるとお二人並んでいて「場違いのトコロ」に来てしまったとアタフタして、即効逃げるように帰るのですが、今度は白川アナに逢いました。
ようやくやっと3階バルコニー席に辿り着くと、わたくしのお席はもう無くて、前から3列目で、ちっとも見えやしない。
もう『皐月賞』は発走しているのです。
落胆しきりで、ふと斜め左上を見上げると、そこから更に、2階3階の回廊になっていて、レースはそこで行われているのでした。
岡部さんがシンボリの勝負服で走っているのが見えたのですが、回廊の天井が低くて、馬を抱き抱えるようして走らないと天井にくっついてしまうのです。
ジョッキーさんてタイヘンなんだなあと言うトコロで目が覚めました。
阪神8レース『山陽特別』発走20分前でした。


[PR]
# by venuscat | 2009-04-20 11:00 | 日記

皐月賞前にあれこれ


そろそろ週末の『皐月賞』に向けて体調を整える大勢に入らなければならないが、どうにもふわふわして集中力に欠く。
当日の当たり外れは別で、的中して勝つに越したコトはないが、毎週コンスタントにレースを聴く見るコトが大事と思うのは、競馬を始めてから変わらない。
けれども、昨年夏はどーにも競馬ドコロではナイ週末が続き、年末は武さんの落馬負傷あって、いざ『皐月賞』、ロジユニヴァース1強なのか、アンライバルド、リーチザクラウンの3強なのか、コンスタントに見られなかった分、それを補って復習を怠った分、ここに来て気乗りしない皐月賞になっていると思われる。
先週の『桜花賞』で気になったコトを一つ書いておきたいと思う。
この馬は来ないなあ、来ても1着はないだろうなあと思う馬が1頭いた。
サイン馬券派にはピンと来る馬だ。
サイン馬券派でなくともピンと来たと思う。
当方は、前日土曜日種銭を増やせず、当日も勝負レースを間違え、桜花賞は買い目を絞らなければならなかった。
結局「枠」で買い馬券にはならなかったが、不利があったようで、コース取りが違えば勝っていた可能性はあったかも知れない。
サイン馬券派はここまで読むのだろうか。
18頭「2006年生まれ」の牝馬である。
サイン馬券ブログはオープンで無いところが多い。
それだけ当たるのか、失礼ながら思い込みの後付けこじつけなのか、秘密にしておきたいトコロなんでしょう。
JRAにしてみれば、「あの手この手」で馬券を買わせたいのだろうから、的中馬券までのアプローチは多くあった方が混乱するし面倒に思う時もあるし、この点も競馬予想を面白いものにしているでしょう。
サインからでも、血統からでも、過去の傾向からでも、今年注目の騎手からでも、サイコロころがしても、神のお告げでも、当たり馬券は確実に出る。
今年の『皐月賞』1番人気と思われるロジユニヴァース横典さんの芝、勝率18.4 連帯率26.5 3着内率35.7
嫌う必要は全くないが、いかんせん相性が悪い。
ダービーを見据えていると言うのだから全く困ったものである。
こういう場合ワタクシを変えるしかないのだけれど。


[PR]
# by venuscat | 2009-04-17 11:00 | 日記

走らない


夕方5時43分、わたくしのケイタイは宝塚記念ファンファーレをかっこ良く演奏します。
5時45分からのラジオNIKKEI競馬番組の為で、今日は昨日のハンドバックの中からでした。
まだ疲れが抜けなくて、プリン1個しか食べてない(これからだけど)。
この時間は要注意で、映画館で鳴ったりすると最悪でしょうがまだ無くて、本屋さんでならあります。
結構相当恥ずかしい思いをします。
今日は「皐月賞の馬番枠順」発表でした。
『桜花賞』が終ってすっかりボケて、『東京優駿』が終ったくらい気が抜けています。
色味を入れていたのは、ロジユニヴァース(横典)ベストメンバー(四位)アンライバルド(岩田)リーチザクラウン(武豊)。
内外で真ん中ぽっかり空いた気分になりましたが、アーリーロブスト(福永)フィフスペトル(安勝)ミッキーペトラ(田中勝)を加えると、まあまあ落ち着きました。
「サイン馬券」関係ブログを流してみて、難解なのは「ワケワカンナイ」でしたが、やはり「競馬番組」は気になります。
しばらくネットをウロウロして「アマゾン」で注文1点。
数年前「ブックオフ」でそれこそごっそりまとめて出ていたのに遭遇したのでしたが、全冊買えるワケもなく(さすがに100円ではなくて)選んで数冊、それでも大分お得な買い物でした。
今日気が付いて探してみたら、あった!!
さて、書きながら考えて焼きソバです。
夜11時は「夜空ノムコウ」オルゴールVer。
深夜12時「僕らの音楽」テーマソングでお開きとなります。


[PR]
# by venuscat | 2009-04-16 23:00 | 日記

探しもの忘れもの



競艇も?競艇もですか?と少々の驚き。
哲三さんが競艇大好きで「哲三先生」と言われても、競艇はまだまだ「悪所」で、近寄り難いトコロです。
競馬、競輪、競艇、オートでは、競馬は随分イメージアップしたと思っていましたが、『フェブラリーステークス』が見たくて「東京」に行ったと言うのは、フツーにヘン!!らしいです。
「川崎競馬場」は、言っても話しても説明つかず、無駄!!のようでした。
面白いのになあ、楽しいのになあと思うんですけどね。
で。
「簡単に見つかる」とも思わず、「行けばある」と思い込んでいたから「ん!?」最近めっきり目が悪くなったもの。
目をしばしばさせて、して、もう一回……ない。
さればもう一軒…ない。
残念でしたが、競馬関係の背表紙なんかはしっかり読んで、他には「5期、6期、7期」もしっかりアタマに叩き込んできました。
馬券に繋げてやる!!と思いながら。
いい加減くたびれたところで、「曙町の勘違い」が分かりました。
最近、気分だけはせわしなかったもの。
でもまだナゾは残っていて、おいおい。
「モス」は定番の「てりやき」をお持ち帰りで。
昔、ハマりまして(笑)夜中食べたくなるのでした。
で、歩いて買いに行くのでした。
「危ないわよ、そんな時間に」と言われましたが「大丈夫、傘持って行くから」と言っていました。
今『極道の恩返し』を読んでいるのですが、傘なんて…!!!!
「口張り」はNHKETV、たまたま見た『フルハウス』でお勉強しました。
随分な人気番組なんだそうで。
教育テレビはタメになります。
かんぴょう巻き用のかんぴょうを買い忘れました。


[PR]
# by venuscat | 2009-04-15 23:30 | 日記

七難隠す


もう時間も時間なので休もうと思ったのですが、昨日の『桜花賞』疲れが抜けず、お昼寝してもまだ足りず、それでも溜まった新聞をダッシュで数日分読み飛ばし、完全消化が見えて来た。
ちょっと意地になってます。
新聞の連載小説があっちこっちになっていて面白がっています。
今日は「櫛と印籠の回」でちょっとドキドキしました。
今夜はフジテレビの番宣番組があるのは分かっていましたが、終日無音で過しました。
草なぎさんのVTR出演があったようなのですが、見損ねました。
土曜日曜と終日「競馬実況」を聴いているから、月曜日は耳のお休みにしたいと思う日が多いのです。
さて。
2009.04.13 藤田伸二オフィシャルブログ『藤田伸二の男道』に哲三さん出演!!
「競馬学校の頃は俺が一年、てっつん三年。角くん、次郎ちゃん、田中の勝っちゃんなどなど、極悪非道な先輩たちやった」そうなのです。
そうだったんですか。よろしいんじゃないでしょうか。
哲三さんと藤田さんのツーショット写真が1枚あって、藤田さんのなんとまあ可愛らしいこと!!
哲三さんは先輩らしく藤田さんの肩を抱いています。
で。見所は「ここ」なのです。
当方は、哲三さんを指折り数えるくらいしか実際に見た事はなくて、これからも、間近で「お逢いする」なんてコトは皆無だとはおもいますが。
3月4月5月は紫外線対策が必須で、哲三さんも2月の『フェブラリーステークス』からは大分焼けているように見えます。
けれど、藤田さんの肩にまわした「腕の白さ」に注目!!
哲三さんと草なぎさんの共通点は「色が白いは七難隠す」だったのです。
現実、隠しきれていない時もありますが、まあまあ。
哲三さんはシチーの勝負服が似合うと思っていますが、『初音ステークス』プロヴィナージュの勝負服「黒,赤元禄,赤袖黒一本輪」が、それはもう顔映りが良くて引き立っていました。
他にもあったのですが、今日はここまでです。
『初音』の馬券は「応援馬券」だけのつもりだったのですが、実際にパドックを見ていたら買いたくなって、圧倒的1人気でしたけれど、哲三さんはカッコ良く1人気を飛ばしてくれたりもするから、堅実に馬連。
この話にもアトがあるのですが、いつか。
『桜花賞』回顧反省は、多分明日以降です。
負けたから,昨日今日と御酒抜きの夜になっています。


[PR]
# by venuscat | 2009-04-13 23:00 | 日記