ひと息



今日、決め事を一つ二つしました。
考えてみると、1年2年のお悩みだったかも知れません。
「しばし休憩」としました。
「胸苦しさ」は変らず、こちらはしばらくかかりそう。
「試練なのよお」とアタマのナカで言ってみる。
「声」に出来て遊べるようになりますように(笑)。
アグネスタキオン死亡には驚かされました。
自分のコトで泣けなかった分も合わせて、泣きました。
競争成績は短く4戦4勝で終りましたけれど、「しんつよ」JRACMで明けた2001年『弥生賞』『皐月賞』の勝ち馬で、例えば、ダイワスカーレットの父。
デルタブルースが「乗馬」だったり、「色気より食い気」らしいタップの初年度産駒がデビューしたりの2009年の出来事。
おそるおそる「競馬おじさん」を読みに行きました。
「過酷」。
それでも前日まで元気だったという話を読んだりもしました。
『弥生賞』3着がミスキャストという名前の馬で、ここか、このあとか、気になって追いかけて2004年『福島記念』2着して嬉しかったことも思い出しました。
当時はまだ何もわかっておりませんから、解説の大坪さんから「今日の注目馬」のように言われたのが嬉しかったのを憶えています。
鞍上は藤岡ゆーすけ兄さんですが、当時は「馬だけ」でした(笑)。
「競馬を見る」のが「競馬を聴く」のが好きだったんですね。
「お金」が絡んで一変する世界のように思います。
「寝たり起きたり」ですぐれませんが、まあまあ。
ドラマや映画で雑誌が「みもの」のようですが、まだ一冊も(笑)。
見たい「映画」も無理でしょうね、多分。
しかし。
『宝塚記念』ですからね、これは、這ってでも「新聞」買いに行きますから(笑)その時、少し見られたらいいかなあと思っています。
考えてみるとそう先のコトではナイんですね。
むしろ、もうすぐ。
「競馬は過酷」だと思いますが、その分、鍛えられるコトも多いように思います。
大丈夫でしょう。
はて、誰に向けて書いているんでしょうか?
「あちら」は書くと「どっと」いらしてくださって、びっくりします。
「アグネスタキオン」タイトルですから、競馬ファンの方と思いましょう。
「こちら」は?
びっくりするコトもありますが「許容範囲」です。
「通常番組」「ドラマ」「映画」幸せなコトとしみじみ思っています。
「気の抜けた日記」が続くと思いますが、よろしくお願い申し上げます。
『帝王賞』着順だけ見てみました。これから。


[PR]
# by venuscat | 2009-06-24 23:00 | 日記

アグネスタキオン


残念。
泣いた。

追記。
夕方『競馬が好きだ』はアグネスタキオン追悼。
2000年12月23日(祝)
『第17回ラジオ短波杯3歳ステークス』
2001年4月5日(日)
『第61回皐月賞』
実況が放送された。
2001年JRACMは「競馬がキミを呼んでいる。」
馬の被り物「年賀状篇」「おみくじ篇」の年。


[PR]
# by venuscat | 2009-06-23 09:30 | 日記

立葵



「初めてのHP」の時、「やり方次第」なのが分からなくて、「いつ止めよう」と思案しながら「良くお休み」していました。
すると「また休みですか、何か書きなさい」ストレートに言ってくる人が居て「ネタはあるんですけど」とお答えすると「イキが下がりますよ」と返って来るのでした。
始終親しくしていた人ではなかったのですが、今もこのような形で続けていると、しばしば思い返しては、面白い人だったなあと思います。
と言うワケでネタはいっぱいアリ(笑)さて、何処から?
夕方まで「胸が絞られるような苦しい思い」をしていたのですが、旧友の話の中と、今日の話の中に「全く同じ言葉」があり、それが突破口になったかも知れません。
気持ちの持ち様でも、「当たり前のコト」でも(笑)。
で、数あるネタの中から選んだのは「立葵」です。
タップの初年度産駒、栄えある先陣を切ったのは…またアトで。
1着ではなかったけれど「いい競馬」だったと思っています。
まだまだこれから夢と希望。
立葵、他所様の庭に、白、桃、赤とあって、アングルが良かったのが赤で、実際はもっと優しい色です。
玄関にかかる白い薔薇がとても素敵なお宅で、わたしは「競馬新聞」の行き帰りにチラチラ(笑)見とれるのでした。
その朝は、モッコウバラが見事に刈り込まれて居て、思わず立ち止まったトコロで、初めてそのお宅の奥様とバッタリ出会ってしまいました。
涼しげなワンピースに長めの髪をザックリまとめて、素手に剪定鋏を持っていらして、それは「まっとうな日曜日の朝」の景色でした。
お声をかけていただいて、これまで「遠目」に拝見していたのを「間近」で珍しいものをたくさん見せていただいたのは良かったのですが。
当方「まっとうではなく」て。
買い物籠に競馬新聞、短波ラジオからは競馬実況、こんな日に限って「ガリガリくん」とか…後ろ手に隠して…奥様は見なかったコト、聴こえなかったコトにしてくださって、アリガタイことでございました(笑)。
夕方から少し気分が楽になって「小説の続き」と「溜まった新聞」を読みました。
5月16日『天声人語』から「言痛し」(こちたし)自戒を込めて。
今日は一日雨降りで、ちょっとお酒を、これから。


[PR]
# by venuscat | 2009-06-22 23:00 | 日記

新馬戦の朝


d0085267_0231187.jpg



[PR]
# by venuscat | 2009-06-21 08:30 | 日記

旧友



「ひと声」で「あら、あーたらちゃん、お久し振り」
「わかる?」
「そんな声で電話してくるのあーたらちゃんしかいないわよ」
「そんな声してる?」
「してるわよ。何かあった?」
「まあね、今いい?」
「いいわよ、はいどうぞ」
1回戦15分。間をおいて2回戦45分。
「電話代かかるわよ」
「仕方ないわ」
「お悩み相談」終って。
「つよぽんタイヘンだったわねえ」のんびりした声。
「うん、心配したわ」
「心配?どうして?」
「ファン長いもの」
「長いわねえ」
「タイヘンだった、ブログやってて」
「ブログ?そんなのやってるの?」
「過去ログ残ってるし、競馬のことしか書いてなかったから」
「競馬?」「いつから?」
「色々ございまして」「あのさ、近くに競馬場あるわよ」
「何処に?」
「電車一本だと思う」
「あたしは興味ないわよ」
「いいわよ、独り遊びの究極だもの」
「そんなものなの?」
「そんなものなのよ」
彼女はまだ「介護」という言葉が無かった時から「自宅介護」をしている。
「お母様、お加減どう?」
「あいかわらず、元気よ」
「羨ましいわ」「お父様は?」
「歳だけどね、バリバリ元気」
「お母さん惜しかったわね」
「うん、惜しかった」
「これからどうするの?」
「明日競馬出来るといいんだけど」
「困った人だわねえ」
「まあね」
『重力ピエロ』やっと半分くらい、頑張って間に合わせる予定。
テレビドラマ前編『刑事一代・平塚八兵衛の昭和事件史』
酒肴用意して…柴野さんいるけど鷲津さんいない…
やっぱりヘン(笑)どうかしてますが、最終元気(笑)。
記録。


[PR]
# by venuscat | 2009-06-20 23:45 | 日記