ねこのくしゃみ

venuscat.exblog.jp
ブログトップ
7月25日(火)「優駿」8月号
7月26日(水)「月刊ザテレビジョン」9月号
届く。

運動不足でしょうと言われはしたが、その後、運動することもなく、相変わらず加減が悪い(笑)。
PCのキーボードを面白がって拭いていたら、Eの跳ね返りが悪く、延々Eが連打されるという現象を見たりした。
何が起こったの?と一瞬、驚くものである(笑)。

7月24日(月)
草なぎ剛関係のツイッターは「お気楽大好き!」連載継続決定の歓喜に溢れていた。
編集長じきじきのお知らせが、巻末1頁を使っているとのことだった。
兎に角、買って読んでくださいとの声も多数。
何とかネット注文が間に合ってほっとした。

焦点は果たして、わたくしは涙するのか泣くのか。
26日ともなると淡々としたものであった。
しかし異例と言えば異例である。
この雑誌が届くまで、昔の角川文庫巻末にあった刊行の辞を思い出していた。
未だ本の整理が付かず、無造作に積んである山がいくつかある。
その中からヤケの念入りなものを適当に何冊か抜いてみた。
昭和52年四刷であったが柳田國男「野草雑記・野鳥雑記」にあった。
「角川文庫発刊に際して」角川源儀 一九四九年五月三日

書き出しは「第二次世界大戦の敗北は、軍事力の敗北であった以上に、私たちの若い文化力の敗北であった。」
文庫本本文は活版8ポイント。
それより更に小さい。
近目用に天眼鏡を使わないと読めない(笑)。
※検索すればWebで読めます。
このごろは、日本人は外見も中身も変わってしまったような気分に襲われることがある。
時は2017年。
月刊ザテレビジョン編集長、高野聖一氏は「おいおい待ってくれ」
と微苦笑を浮かべるかも知れない(笑)。
しかし、地上の幹や茎や花や葉は改良が重ねられ姿形が変わったかも知れないが、生命の元となる地中に這った根や埋もれた茎までは及ばないのではないか。
お気楽な大袈裟なと笑われるかも知れないが、角川文庫を始め、巻末に刊行の辞が掲載された文庫本を読んだ世代も、草なぎ剛ファンなのである。
思い起こしても責められることでは無いと考えます(笑)。
巻末のお知らせは、有り難く頂く様に繰り返し拝読いたしました。

***

25日(火)ひょんなところから自動送信のメールが来た。
ああと思い眺めてみると、あった!
今と同じものを買うのが一番安全で安価なのだが、新しい方を壊してしまったので、そうするのは、いささか癪なのである(笑)。
見覚えのあるコーヒーサーバーがあって、早速注文して今日届いた。
お湯をぐらっと沸かして陶器の紅茶ポットに移して丁寧に入れた。
生き返ったようである(笑)。

***

つかこうへい「蒲田行進曲」は1982年、角川文庫版で読んだ。
整理すると
1982年1月直木賞受賞
同年、映画「蒲田行進曲」大ヒット
この時、草なぎ剛は8歳。
前後10歳を取っても上は18歳になる。
本を読む、映画を見る、芝居を見る。
いずれか何処かで、つかこうへいや井上ひさしは避けて通れない時代があった。
1999年「蒲田行進曲」草なぎ剛のヤスは何としてでも見たかった。
そして叶い、翌2000年再演も叶うことになる。
2017年:草なぎ剛のお気楽大好き!
「人生ってやっぱり何かあるんだよ」である。


[PR]
# by venuscat | 2017-07-27 20:30 | 日記

2017セレクションセール

d0085267_19315985.jpg
d0085267_19323747.jpg
d0085267_19335551.jpg
d0085267_19345501.jpg
d0085267_19352242.jpg
画像:馬市.com



[PR]
# by venuscat | 2017-07-18 19:35 | 日記

トンカツとミツバ

16時10分発走
盛岡「マーキュリーカップ」ダ2000
日刊レース面で出馬表と哲三さんの予想記事を読んでいた。
ミツバかピオネロか。
問題はオッズ。
タッチデュールがピオネロと同枠だから。
枠連 3-2 3-4 
発走30分くらい前に思い出してオッズを見てみると。
2.2と4.9
今日は2-4はないと思う。
ちょっと手を出せない。競馬あたまでも無い。
そのままグリーンチャンネルWEBの中継を見た。
ミツバ→ピオネロ→クリノスターオー
1人→2人→3人
三単 1190円。
タッチデュールは小柄な女馬の馬体を保っていた。

録画物少し見て。
そうだ「ぷっすま」を見返してみましょう。
やはりひっかかった。
良く聴くと「創業50年以上」字幕は「創業50年余」
今年2017年。50年前は1967年。
三島由紀夫 1970年没。
川端康成 1972年没。
60年前となると1957年。
これくらいだと話が合うけれど。
「かつ吉」さんのHPに行ってみると「創業50年余」
はて。
あちこち徘徊してみると。
2017年1月22日 信濃毎日新聞掲載『東京の信州』をみつける。
創業者故吉田吉之助氏は、10年弱、信州に暮らしたことがあった。
この記事に、60年前、日本橋に「かつ吉」出店とある。
これにて氷解(笑)。

ここで「とんかつ」の話を書くのは2度目。
昭和13年 1月、廃業、東京でトンカツ屋開業。
昭和16年 文楽座復帰。9月、三代豊竹つばめ太夫襲名。

とどのつまり。
美味しいトンカツが食べたいなあ(笑)。
「ぷっすま」後編も楽しみ。
ユースケさんのドラマも面白かった。


[PR]
# by venuscat | 2017-07-17 21:00 | 日記

騎乗の競馬論 特別版

「サラブレ」8月号が届きました。
元JRAジョッキーの大物ふたりが競馬界を斬る!
特別企画
上半期と今の競馬シーンを語り尽くす!
佐藤哲三元騎手×藤田伸二元騎手
006→013
「フェブラリーS」から「皐月賞」
今回は前編で、後編は次号。
「ダービー」から「宝塚記念」
何故、前後編なのかと言うと。
編集後記:
「みなさんの御想像通り、過激すぎて掲載出来なかった部分もありますが、前後半に分かれたのは想像以上に盛り上がったからこそ」
取材・分 平松さとし
写真 福田淳司(インタビュー)、川井博

楽しみにしていた通りの面白さでした。
レースのポイント見所、お二人の見解など語られています。
漫然とレースを見返すよりも、この対談を参考にして見返した方が、面白くかつ為になるような気が致します。

普段「レース回顧」は、JRA-VANの「レース回顧を見る」です。
自然と、ここに落ち着きました。
殆ど「色」が付いていないので、読みやすいのです。
映画評論・演劇評論・音楽評論 色色な評論がありますが。
ファンには好みがあるので、合う合わないが出てきます。
評論にも好みが出て来ます(笑)。
今のわたくしには、騎手や元騎手が語る書く、レース回顧が一番面白い。

わたくしごときが暴論極論ですが(笑)。
レース映像とパトロールと※実況も。
コーナー通過順位とラップタイムがあれば。
コーナー通過順位は、netikeibaの全頭の位置取りの方。
ラップタイムは表記が違うだけで同じ。
ここはJRA-VANの方が見やすい。

「優駿」連載「競馬徒然草」古井由吉も安心して読める。
今でも優駿は、まずここから。
古井由吉氏の色は当然のこととして、レースや騎手に対する色は感じさせない。
勿論、詳細に書かれてはいますが、その色を感じさせないのは、さすがに巧み。
さらに読んでいて気持ちが良いのが一番(笑)。
ここから「井崎脩五郎の競馬てれすこ日記」→「うま競べうた」
いつまでたっても馬券は上手くなりません(笑)。

前に戻って。
田辺さんと津村さんは上手い。
このお二人は、今回の対談に限らず、そう言われるのを良く見たり聴いたりします。
※田辺さんの連載は今号は休載。
わたくしにとって田辺さんは、現役では特別枠の騎手。
でも意外に馬券は取れません(笑)。
津村さんを良くみるようにしましょう。
見てわかるのかが、まず問題(笑)。
100円でも馬券を買ってみましょうか。
ここまで書いて、井崎脩五郎さんと石橋脩さんの「脩」が同じ。
やっと気が付きました(笑)。

〆られないグダグダぶり(笑)。
草なぎさんのお誕生日にネットでお財布を買いました。
ダービーに出かける時、ファスナーが動かなくなって前のお財布を持って出ました。
※競馬のお財布は別。
届いたお財布は、想像していた色味と少し違いましたけれど、使っているうちに慣れるでしょう。
哲三さんのお誕生日に上げる予定の文庫本も届きました。
インパクトは有りますが、まだ候補(笑)。

2017.07.15

福島6R 新馬ダ1150
ハルキストン津村さん
ネコマレー石橋さん
買いました。
軸のタマモアモーレ戸崎さん来ない!
今日は北村さんの日?

2017.07.22

福島5R 新馬芝1800
プラトナ津村さん
ヴェロニカグレース石橋さん
買いました。

d0085267_13170759.jpg



[PR]
# by venuscat | 2017-07-14 16:45 | 日記

公取委が実態調査へ

こわいような激しい雨降りの音で目が醒めた。
起きて外を見てみると川面は見えない。
上流では差ほど降っていないのだろうか。
今の時間は雨上がり薄日も差している。
天気予報では夕方から雷雨ともあるが前線は過ぎたような気がする。

***

「大手芸能事務所など不公正な契約ないか調査 公取委」

NHK NEWS WEB 7月7日 18時06分

夕べ夜遅く。
「芸能人らの移籍制限は独禁法違反? 公取委が実態調査へ」
矢島大輔 滝沢文那

朝日新聞デジタル 2017年7月12日22時47分

***


先週木曜日のNHKニュースからの続報になるのだろうか?
朝日デジタルは、ログインして記事全文を読んだ。
今は一日一記事のみ。

今日の日刊スポーツ 7版
芸能面トップは広末さんと舘さんの映画「終わった人」
社会芸能面「芸能ファイル」
※ベタ記事
日刊の芸能面は見出しをざっとが普段。
それでもベタ記事は好んで読む。
☆日本放送
「定例社長会見で、中居正広(44)がパーソナリティを務める「中居正広 ON&ON AIR」(土曜午後11時)について、編成局長が「10月以降の改編予定はない」と継続を発表。」

競馬面だけを抜いて大分溜まっている。
今日は大井競馬4日目
競馬面は昨日の「JDD」
「地方馬4年ぶり統一GⅠ制覇」
船橋ウィルウィン3歳砂王
「七夕賞」優勝ゼーヴィント左前脚骨折 年内復帰微妙
サマー2000シリーズ「函館記念」追い斬り※ママ 激論
福島「バーデンバーデンC」も注目。

まだ先週分手付かず。多分明日ぎりぎり。
天候の変化に付いて行けない。

2017.07.14

夏のボサノヴァはいいなあ♪と感じます。
「五社協定」について書く人がいない。
いまどきのツイッターは、多分知らないんだなあ(笑)。
生業だもの、避けて通りたいのは十分理解の範疇。
うわずみでチャプチャプ水遊び♪



[PR]
# by venuscat | 2017-07-13 12:50 | 日記