<   2007年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

シクラメンの花


数日前に大根を抜いてみた。
種を蒔いた憶えは無い。
母の白菜。
あの冬、新聞紙にくるまれた最後の白菜が数珠あった。
お世話になった御近所の奥様や、母の友人に貰ってもらった。
大根は知らない。
去年は…まるで何も憶えていない。
二階の窓越し。
あれはどうも大根の葉っぱに見えるんだけど。
大根だった。
数週間前、用事があって来た近所のお兄さんが試しに抜いてみた。
小振りな葉を選んだのだが、10センチ程の可愛らしい大根だった。
葉丈が伸びてきたので一本抜いた。
20センチ位はあった。
思いもかけぬ「初収穫」だった。
お味噌汁ときんぴら煮びたし風にして、実も皮も葉も全部食べた。
葉先をコップに差していたら花が咲いた。

『その河をこえて、五月』
劇場中継を録画したビデオが出てきた。
まだ見ていなかった。
そしてまだ見ていない。
いつも茣蓙を敷いている辺りで、一旦幕になってしまう。
老婦人が登場するが…。
舞台上手に一本の桜。

今年は何処にも出かけないのによく「桜」をみた。
近所やちょっとした出先で見事に咲いていた。
川端の桜並木も歩いてみた。

その頃、四月半ば頃か「母のシクラメン」と「私のミニシクラメン」の蕾が膨らんだ。
去年は咲かなかった。
母が居なくなってから初めて咲いた。
いくつか鉢物を枯らして。
生きて欲しい咲いて欲しいと願ったら咲いた。

出掛けて用事を済ませた。
少し寂しい気もするがもう済ませないと…。
あの日はむせ返る程満開の桜だったが、今日は葉桜で一人で。
帰宅して、苗と土をネットで注文した。
「土」は大量にあるにはあるが…。

花は咲くだろうか。
実はなるだろうか。

「さぼてんも枯らすズボラ女」がやること。
母と私と偶然に同じさぼてんを持っていて、私の方が枯れた。

葱は根のあるものを植えてみたら元気だ。
食べられるかも知れない。

「シルバー人材センター」には頭を痛めている。
「何と言う作り話をでっち上げるつもりなのか」
焚き付けて煽って一体何がしたいのだろう。
揉めたく無い、大事にしたく無いと願ったのは、私の方だ。
理解に苦しむ。
剪定以前、刈り込み以前、伐採された植木から、新芽が出たのがせめても救いである。
憂いが晴れるいとおしい新芽若葉の緑が沁みる。
まったく動きのない植木もあるにはあるが…。
生きていればいい。
担当者を名のる男性の応対は「パワハラ」であった。
並みの奥様は…泣くと思う。
私だって「恐い」のをひるまず耐えたのだ。
あんなやり方は通用しない。

いずれ顛末は書く。

シクラメンの花が咲いたのだ。
泣いてばかりも居られない。
新しい苗木の世話を始めてみようと思った。

明後日『天皇賞』
哲三さんの「ダークメッセージ」の単複。
今回は祐一くんが乗る「エリモエクスパイヤ」のワイドは決めている。



d0085267_024582.jpg

[PR]
by venuscat | 2007-04-27 00:00 | 日記