ねこのくしゃみ

venuscat.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日記( 1149 )

PCが帰って来た!!


とある日のこと、PC屋さんからお葉書が来た。
読んでも呑み込めなかったから、電話してお尋ねしたら、まあ大変。
色々替わった事、変更になる事があるのが分かった。
具合の悪いトコロ等ありませんかと聴かれたから、あーたらこたらとお返事したら、修理に出された方がよろしいでしょう。
それでは日時はと話が進むので、「ちょっと待ってください」と。
競馬のけの字も出さずに、手帳を繰ったり、ネットの番組表を睨んだりして、ここしかない、『アネモネステークス』『フィリーズレヴュー』のアト。
修理期間は、早ければ5日から1週間。
かかって1週間から10日。
『宮記念』にPCが使えないでは困るし、泣く。
ケータイは殆ど「持っているだけ状態」で、競馬場で使ったり使わなかったり程度。
でもまあなんとかなるかも、競馬1週お休みしてもいいし。
ところが、PCを修理に出して翌日、ケータイの液晶画面が見えにくくなった。
何処かさわったか、へんなトコいじったんじゃないの?と言われたが、まあ寝て起きたらそうなっていたからそうかも知れないけど。
ケータイ屋さんに「壊れたみたいなんです」と持って行ったら「あらま」。
お姉さんはニコニコしてなおしてくれて、「只今100ポイントプレゼント中!!期間」で、100ポイント貰って帰って来た。
『金曜いいとも』が終って、明日明後日競馬出来ないなあ、何時帰って来るのかなあと思っていたら来た!!
配線面の簡単な絵図と、接続コードに番号を振った付箋を貼ったから「大丈夫、イケル」と思ったが、「ん??」
肝心のPCコードを繋いでいなかった失敗もすぐに気が付き、PCが立ち上がった。
キレイになって帰って来て、新しくなったみたいで嬉しい。
大事に使わないと。
カネトシツヨシオーとモチの出走確定メールが来ていた。
やっぱり競馬しよ。
草なぎさん関係をざっと、何も問題ナシ。
映画『BALLAD-名もなき恋のうた-』のHPに行ったら、くれよんしんちゃんが泣いていた。
今週は月曜、火曜、金曜の『いいとも』を見て、楽しい一週間だった。
で。
プリンターのコード何処だったかなあ…簡単な筈がワカラナイのです。
取説出さないと馬柱印刷出来ない!!
して、ここどうするんでしょうなのだけれど、ま、いっか。
アクセスが増えると意味なくオロオロするので、いい頃合とPC修理の件は書かないでしまいました。


[PR]
by venuscat | 2009-03-20 23:00 | 日記

日曜朝NHKFM『ミュージックメモリー』は「永遠のアイドルグループ」をテーマとして、1971年「地球はひとつ」から2008年「桜雪」まで全12曲が流れた。
再放送がなくなっているので、記憶だよりだが、東方神起での話が興味深かった。
案内役の都倉俊一さんは、非常に注目していますと。
歌もダンスも、手の先足の先まで神経が行き届いていますねと。
アジアの音楽マーケットにおいては日本は特殊であると。
日本のアイドルグループはもっと頑張らないといけませんねと。
勝手に要約すると、そんなようなお話で、放送時間を気にすると、あと一曲。
初めて聴いた「桜雪」は美しい曲だった。
このアトは『20世紀の名演奏』を聴かずしてラジオNIKKEI『競馬LIVEへGO!!』に突入し、一気に競馬モードになる。
しかしこの番組、どうも競馬よりも、かける音楽にこだわりがあるようで、昨日土曜夕方に既に聴いているのだが、今回は「小林旭特集」で、今朝はなんとも素晴らしいとしか言いようのない展開になった。
シルヴィ・ヴァルタン「アイドルを探せ」が1964年。
ビートルズもエルヴィスもアイドルですよねと言うお話だった。
以下NHK番組表より。
「地球はひとつ」フォーリーブス
「赤頭巾ちゃん御用心」レイジー
「ギザギザハートの子守唄」チェッカーズ
「サタデー・ナイト」ベイ・シティ・ローラーズ
「プリーズ・ドント・ゴー・ガール/僕にまかせて」ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック
「ステップ・バイ・ステップ」ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック
「浪漫飛行」米米クラブ
「恋唄綴り」堀内孝雄
「セーラー服を脱がさないで」おニャン子クラブ
「ホワイト・ラヴ」スピード
「パープル・ライン」東方神起
「桜雪」ブルーム
競馬。
今日武さんお誕生日だったんだけどな。
哲三さんは中京で大活躍だった。


[PR]
by venuscat | 2009-03-15 23:00 | 日記

アネモネステークス


『桜花賞』へのチケットを手にしたのは、ツーデイズノーチス(松岡)とアンプレショニスト(後藤)だった。
3着は大外8枠16番レイナクーバ(勝浦)ハナ差だが、スリット写真を見ると、ほんとに惜しいと思う。
今年も関西馬連対ナシの記録更新となった。
アンプレショニストは、畠山吉宏厩舎で、先の『チューリップ賞』サクラミモザと2頭出走を決めた。
馬券はトリガミ。
当方はまたもや横典さんの餌食になった。
リュシオルは丁度負け頃だったか、相当距離ロスがあったように見えた。
競馬ブログのおじさんの推奨馬はツーデイズノーチスで、おじさん万券GET!!大喜びしてた。万歳!!
かろうじてトリガミまで持ち込めたのは、おじさんのお陰と、わたしの記憶とで、レース後少し当たってみて驚いている。
記憶と言うのは、1枠1番の松岡さん、来たことがあるなあというもので、それは去年の『フラワーカップ』のブラックエンブレムだった。
ここで分かる人にはもう分かる筈だが、わたしは分からなかったから調べてビックリなのである。
血統がからきし駄目で、未だにサッパリで。
ツーデイズノーチスの父はヘクタープロテクター
ブラックエンブレムの母父がヘクタープロテクター
ヘクタープロテクターの馬主は吉田善哉氏。
ツーデイズノーチスを軸に取れたかどうかだが、やっぱり社台だった。
ツーデイズノーチスの前走は強いと思わせるもの。
ラジオの解説でも目を見張ると言われていた。
休み明けは買いたくない方なのだが、おじさんの推奨馬であったのと、中山芝1600の持ち時計と、追い切りが2週連続で良く、問題なしのようだった。
リュシオル横典さんが来なければ馬券は行ったきりになってしまう。
1枠から4点で1-6決着。
1-8だったら、トリガミではなくなったのだけれど、こればかりはどう仕様もない。
出馬表を眺めてばかりで、予想らしい予想も出来ずだったが、競馬って不思議だなあと思った今年のアネモネステークスだった。
9R『館山特別』ヤエノアカハチ6人気3着。
前走『初音』で後から届かなかったが、今日は間に合った。
東の解説でもワカラナイ馬と言われていて面白かった。
騎手は三浦皇成さん。相性がいいのかどうか。
明日は『中山牝馬S』『フィリーズレビュー』
アドマイヤキッス、ラストランで横典さん。
一日の競馬が終って「疲れた」と感じるのは久し振り。
良く頑張りました。
明日はゆっくり競馬を聴きたいと思います。


[PR]
by venuscat | 2009-03-14 23:00 | 日記

木村:このアンテナ邪魔なんだけど、これ。
香取:あ駄目それ。角度完璧だから。
草なぎ:慎吾テレビ大好きだから。
香取:地デジもあるしね。
木村:何、このポチって。
香取:名前。あれがチビで、これがペロ。
草なぎ:いいアンテナだね。
香取:でしょ。
木村:てかもういらないだろ、アンテナ。
香取:え?
草なぎ:木村クンそれは…
木村:いいかスマップ。今は、テレビに光を差すんだよ。だからもうこのアンテナは要りません。
香取:ウソでしょ。
木村:ウソじゃない。
香取:だってつよぽん。…は?
ナレ:テレビに光を。アンテナ要らずのフレッツテレビ。
香取:うらぎりものおおお。


[PR]
by venuscat | 2009-03-13 23:00 | 日記

ガラポン


眠って起きたら枕元のラジオが『ラジオ深夜便』だった。
目が疲れてどうにもならなかったのだ。
午後、『アネモネステークス』の出走馬が決まるまで、と眠いのを我慢して待っていた時間に電話があって、お正月以来、20分程競馬話をした。
「競馬いかがですか」
「まあ良くありませんね」
ここで「この間1000万馬券取りましてね」と云ったらどうなるのだろう。
もし、突然聴かされたら…「ご馳走して」かなあ、やっぱり。
1000万馬券だったら、言ってもいいような気がする。
「東京新聞杯びっくりしましたよ」
「なんでしたっけ?」
田中、吉田、岩田、内田、後藤さんで決まって結構な配当が付いた。
お正月の金杯話で、そんな話をしたのだった。
当のわたしは、毎回「田中さん」で迷ってしまう。
「中田さん」だったら迷わずに済むのになあとズボラなコトを考えて、まごまごしているうちにどうでも良くなるか、決まらなくて発走してしまうか。
悔しいのはいつまで経っても、去年の『宝塚』になる。
先方は武さんファン、当方は哲三さんファン。
待ちに待った夢の直線、夢のゴール前が待っていたレースになる筈だった。
一番来て欲しくない内田さんに来られて泣いたのだ。
「それより四位さんあの時」と話は流れて、スイッチが入ったようになってしまうが、ちょうど頃合の時間切れとなった。
用件の後、「エリ女の四位さん」まで思い出した。
『アネモネステークス』出走16頭は決まったが、毎回盛り上がりに欠ける。
ここから桜花賞馬が出るのが夢なんだけどなあ。
「そんなのないから」と大勢の人が思ってる多分。
アリエナイコトがあるから高額配当馬券が出るんだけど、それでもココハナイと思われているんだろうなあ。
美浦8。栗東7。大井1。
社台4。ノーザン1。
枠順が出ないとその気にならない。
手持ちの競馬ビデオに、商店街の福引のガラポン(恋おちの島男クンがハワイ旅行を当てた時のと同じ)で枠順が決まる様子が映っていて、大変純真なわたくしは、ずーっとそうしていると去年位まで思っていた。
映像の記憶は過分に強烈である。
枠順馬番の「公開抽選会」はイベントにならないのだろうか。
調教師さん皆さんお洒落して来て勢揃いして。
引いた枠順で強気発言有り、うな垂れて見せたり。
JRAさんは役者揃いなんだから、年に一回位は見てみたいなあと思う。
もう寝ないと。こういつまでも不規則では。
シンデレラタイムは過ぎでいるけれど、軽く温まるくらい行きましょうか。


[PR]
by venuscat | 2009-03-12 23:00 | 日記

馬山


「あわせて読みたい」の仕組みがまだ良く分かっていない。
数年前「SS産駒とSMA産駒」というタイトルでほんの数行だったが書いたことがあるが、はてさてと眺めている。
昨日09.03.10『ぷっすま』前回のおさらい映像で「馬山」ってあったかなあ…そんなの見返せば簡単にだけれど、昨日のも面白くて。
子供の頃、舗装道路と言うか、アスファルト道路に荷馬車が通っていた記憶がある。
友人は学校の帰りに鍛冶屋さんを見るのが楽しみだったと言うのだが、わたしの記憶には無い。
あったわよと言うのだが、わたしはわたしで、違う職人さんの仕事を見るのが楽しかった。
匂いか香りかにも魅かれたのではと思う。
今はもう面影すらない通り一帯になっている。
お気に入りブログのおじさんを読みに行った。
『弥生賞』取れなかったと。
でも読者で取れた人は居たようだと。
あの日、成る程そう考えるのかと、答えが書いてあったようなものだったのだから。
ところで、わたしは「本好き読書好き」と間違われていやしないか。
草なぎ剛とSMAPにハマって、テレビ雑誌やらアイドル雑誌を読んだ時期もあったが、今はもうそういう環境にもない。
その分そっくりそのまま競馬へ雪崩れ込んだ格好になっている。
だいたいぼーっとしていることの方が多い。
それより「本も」増やしたくない。
今年は捨てる年、処分する年にしたいのだがどうだろうか。
良く「ここまで」考えられるようになったと思う。
本やら何やらに執着した時期もあったが、もういい。
ただ、若い時に読むべき本、読んでおいた方がいい本、薦められてもどうにも手付かずだった本等は気になる。
今は競馬で手一杯だから、質のいい本読みはしたいと思っている。
で。
馬券を当てるには…おじさんギャグ噛ませ過ぎです。
笑って、本気にしました。
久し振り、今夜は『きらめき歌謡ライブ』!!!!


[PR]
by venuscat | 2009-03-11 23:00 | 日記

弥生賞の頃


競馬で買って、高級ピザを食べよう!!が目標だったけれど、普段のお夕飯でした。
そのアト、やおら「ぷっすまビデオ」を探してみましょうと。
当方のテレビはまだアナログで、画面の右肩に「アナログ」と出ます。
これまで取り溜めた録画もそのままビデオで、一間の押入れの上段を占拠しています。
録画は番組別で、おおまかな整理はしていたので、掘り起こしの手間は左程でもなく、番組開始当時は確か25分番組だったようで、ぷすま箱も1箱目で、若干拍子抜けでした。
ただ、ビデオにも寄るようですが、少しか大いに画面が流れます。
あれやこれやして、普通に見られる場合もありますが、工夫が必要な状態でした。
ロケは1999年11月22日月曜日。
馬券は、番組の中で買い目が分かりました。
南関は1998年からのデータが見られますので、間に合ってラッキーです。
賭けたのは、第6競争から最終まで。
第8Rのみ、雨上がり決死隊、的中でしたが、馬複7-9で、草なぎさんの「お誕生日馬券」とも言えるのですが、本人は、全く気が付いていない様子でした。
佐々木竹見騎手が現役で、ちゃんと馬券になっていましたが、取れて居ませんでした。残念。
レース映像は勿論流れますが、肝心の実況がOFFで、そこは拍子抜けでした。
その点以外は、100円馬券のおばさんからしたら、やみくも滅茶苦茶な賭け方金額すが、そこが楽しいんだろうなと分からなくもなく、男4人の競馬はあんな感じなのかしらと思うと面白いです。
もう10年ですから、競走馬は殆ど抹消になっていますが、いつか、騎手、馬券など、詰めてみたいなあと思いました。
自動券売機ではなく、窓口から買っていますし、券面も今とは違っていたことなど。
来週は『アネモネステークス』
もう、そろそろあちらに帰らないとなあと思います。
今日『弥生賞』は大方の予想通り、ロジユニヴァース(横典)
『大阪城ステークス』はマストビートゥルー(浜中俊)
オースミグラスワンは3着でした。
『弥生賞』の頃というと『ホテルビーナス』封切りの頃とも思います。
あの年は、道営の星、コスモバルク絶賛売り出し中で、ディープインパクトに湧いたのはその翌年でした。
ここまで、競馬にハマるとは想像出来ていませんでしたし、これほど、馬券が上達しないのも。
「ぷっすま」の沖縄旅行も面白かったけれど、北海道編も楽しかったなあと思い出します。
チューリップのブエナビスタ、弥生賞のロジユニヴァース、圧倒的強さでしたが、このまま行くでしょうか。
興行としては、クラシック本番は意外に波乱ありそうと思っています。





[PR]
by venuscat | 2009-03-08 23:00 | 日記

またスポーツ新聞を売っている夜明けに目が覚めた。
弥生3月と言ってもさすがにこの時間はストーブを炊く。
お酒をみるのもイヤでようやく抜けた。
これまで、お酒に付いては冗談とも本気ともに書いてきたが、今年は真面目に考えた方がいい年になるかも知れない。
狼少年でもう誰も相手にしてやくれないが、本人は真面目。
今回も左程の量は呑んでいなかった。
要は体力がなくなったのだ。
『オーシャンS』コスモベル(佐藤哲)6人2着。
スタートも良かったし、終始ウチラチ沿いを走り、直線ではそのまま行けるかと思われたが、アーバニティー(横典)ゴール前、勢い良く伸びて着て差されてしまった。
コスモベルはまだ揉まれたくなくて、極端なウチかソトが欲しかったようで、今回は1枠1番絶好枠で期待されていて単複。
馬体重10キロ減も問題なしとしましょう。
横典さんは、リーディング上位の騎手なのに、馬券の相性はすこぶる悪い。
今日も「いやだなあ」の気持ちをねじ伏せることは出来ず、馬券は回避し、コスモベル・キンシャサのキセキ・モルトグランデの3複1点だけを買い足した。
キンシャサは次走なのかどうか1人気10着。
レース後の岩田さんのインタビューは歯切れが悪かったそうだ。
モルトグランデは外枠不利がやはりその通りだったらしい。
一端イキをいれなければいけない分不利になるのだと言う。
『桜花賞』トライアル『チューリップ賞』はサクラミモザ(藤岡佑)直線必死に叩いて叩いて、7人2着。
ブエナビスタ(安勝)1人1着。
単勝110円、複勝110円。圧倒的人気だった。
3着は8人気ルージュバンブー(小牧太)
ここまで桜花賞優先出走権獲得。
サクラミモザは名前響きがいかにも牝馬らしい。
応援しようかな。
府中でお隣だったおじさんは、横典さんのファンだった。
出来る雰囲気があって、これと言った話はしなかったが『フェブラリーS』の頃になると、今日一日の馬券勝負の決着もやや見えて来て、いよいよメーンレース、発走前の緊張と期待はあるが、一体どんなレースになるのか、楽しみな気持ちが大きくなる。
ビクトリーテツニーは1600の馬じゃないと思うんですよと言っていた。
今日は横典さん哲三さんの決着。
あの時のおじさん、馬単取れているといいな。


[PR]
by venuscat | 2009-03-07 23:00 | 日記

白洲正子にまつわる記憶


夜、NKKテレビドラマ『白洲次郎』2話をなんとはなしに見る。
1話はまだ。
白洲次郎のことも白洲正子のことも、良くは知らない。
学生時代、渋谷の大盛堂文芸書の階で、お目当ての本を持っってレジに行ったら、先にレジ待ちの女性がひとりいた。
年の頃はわたしと同じくらいと思われたが、小柄な女性で、未だ体重発展成長途上のわたしとは、明らかに違う雰囲気をまとっていた。
彼女がレジに差し出した本は白洲正子だった。
書棚では目にしていたし気にはしていたが、その日以来、近寄る間もなく近寄り難く時が過ぎた。
あの時の女性はその後、どんな人生を歩いているのだろうか。
ほんの少し興味がある。


[PR]
by venuscat | 2009-03-07 23:00 | 日記

カンナ


昨日は、まあワケのワカラナイ文章だわと、書いた本人が思います。
ま、いっかで済ませます。
肝心なところが抜けていますので、そこを。
「タカハタさん」のページを1枚読んでいた時に「あ、そうか」と気が付いたのです。
どうしてなのかは考えても分からないのですが、「ひらめいた」のです。
あーたらさんとこに行って、それからこーたらさんとこに行けばいいんだわ。
早速あーたらさんとこに行ってみて、何となく「蒲田2000」再演の頃ではと思っていたので、1999年には軽く衝撃を受けました。
それからこーたらさんとこに行き、放送日のレポを読んで、川崎競馬場に間違いないのと、今は競馬にどっぷりハマっているから大爆笑したという流れです。
あーたらさんこーたらさんでは失礼なので、仮に「弥生さん」「大阪さん」とします。
弥生さんも大阪さんも、草なぎさんのファンサイトでは、いわゆる老舗です。
わたしが、あら出来ちゃったとなりゆきまかせで始めてしまったころには、勿論ありました。
先に行った弥生さんは、当時教えてくれた方がいらして知りました。
去年だったか復活先に偶然辿り着いた時は、ほんとに嬉しかったです。
和みたい時などお伺いします。
大阪さんは、もう言わずと知れたところでございます。
で。
弥生さんはリンクフリーなのですが、大阪さんはお伺いしないといけない決まりがあるのです。
競馬ファンに読んでもらえないのは何とも残念でなりません。
ファンサイトやファンブログはお仲間内を辿って行くと、何とか行き着けるものなのですが。
リンクの関係がございまして。
この度は弥生さん大阪さんには大変お世話になりました。
ここに御礼を記します。

『両国特別』
アドマイヤカンナ→ダンディハウス→ドスコイスモウトリ・ニジノスカイハイ
押さえで3複も買います。


[PR]
by venuscat | 2009-03-06 23:00 | 日記