ねこのくしゃみ

venuscat.exblog.jp
ブログトップ

パローレ・パローレ


途中からだったが『徹子の部屋』を見た。
ゲストは細川俊之。
話し方が少し気になって調べてみると、大病を患ったようだった。
「声は品性」と言い切ったが、わたしもそう思ってきた。
「声」は「素性」を隠せない。
問題は「職業の声」だが、昔、まだわたしが煙草を吸っていた頃のこと、某百貨店の煙草売り場で出くわした年配の女性の声が忘れられない。
多分想像するに間口一軒か二軒の呑み屋の女将。
煙草と酒と何かで潰した年季の入った「立派な声」をしていた。
感嘆すべき声だったと思う。
あーいう「声」は「時代の声」でもあって「あの時きり」、もう聴けないのではないだろうかとも思う。


[PR]
by venuscat | 2009-07-17 11:00 | 日記