ねこのくしゃみ

venuscat.exblog.jp
ブログトップ

ひと息



今日、決め事を一つ二つしました。
考えてみると、1年2年のお悩みだったかも知れません。
「しばし休憩」としました。
「胸苦しさ」は変らず、こちらはしばらくかかりそう。
「試練なのよお」とアタマのナカで言ってみる。
「声」に出来て遊べるようになりますように(笑)。
アグネスタキオン死亡には驚かされました。
自分のコトで泣けなかった分も合わせて、泣きました。
競争成績は短く4戦4勝で終りましたけれど、「しんつよ」JRACMで明けた2001年『弥生賞』『皐月賞』の勝ち馬で、例えば、ダイワスカーレットの父。
デルタブルースが「乗馬」だったり、「色気より食い気」らしいタップの初年度産駒がデビューしたりの2009年の出来事。
おそるおそる「競馬おじさん」を読みに行きました。
「過酷」。
それでも前日まで元気だったという話を読んだりもしました。
『弥生賞』3着がミスキャストという名前の馬で、ここか、このあとか、気になって追いかけて2004年『福島記念』2着して嬉しかったことも思い出しました。
当時はまだ何もわかっておりませんから、解説の大坪さんから「今日の注目馬」のように言われたのが嬉しかったのを憶えています。
鞍上は藤岡ゆーすけ兄さんですが、当時は「馬だけ」でした(笑)。
「競馬を見る」のが「競馬を聴く」のが好きだったんですね。
「お金」が絡んで一変する世界のように思います。
「寝たり起きたり」ですぐれませんが、まあまあ。
ドラマや映画で雑誌が「みもの」のようですが、まだ一冊も(笑)。
見たい「映画」も無理でしょうね、多分。
しかし。
『宝塚記念』ですからね、これは、這ってでも「新聞」買いに行きますから(笑)その時、少し見られたらいいかなあと思っています。
考えてみるとそう先のコトではナイんですね。
むしろ、もうすぐ。
「競馬は過酷」だと思いますが、その分、鍛えられるコトも多いように思います。
大丈夫でしょう。
はて、誰に向けて書いているんでしょうか?
「あちら」は書くと「どっと」いらしてくださって、びっくりします。
「アグネスタキオン」タイトルですから、競馬ファンの方と思いましょう。
「こちら」は?
びっくりするコトもありますが「許容範囲」です。
「通常番組」「ドラマ」「映画」幸せなコトとしみじみ思っています。
「気の抜けた日記」が続くと思いますが、よろしくお願い申し上げます。
『帝王賞』着順だけ見てみました。これから。


[PR]
by venuscat | 2009-06-24 23:00 | 日記