白と黒


在りかは分かっているから、そこから探せばいい。
これ!!と抜いたら箱の中身は空っぽだった。
さあタイヘン(笑)何処でしょう。
意外に簡単な場所に横になっていた。
意味不明だったが取り合えず安心してまあそのうちにと思っていた。
午後、宅配屋さんが来た。
どうにも書店では見つからないから諦めて、ネットを漁ったらそこも品切れで、3週間待て、否、3週間程度お待ちくださいと書いてあるから、観念しておとなしく待つことにして、最近は注文間違えたのかなあと思うようになっていた。
なんと間が悪い。
『優駿』と『ギャンブルの新書』と『二刷』
村上さんほどではなくとも根強いファンが居るのだろう。
選って読んだが久し振りに飲食も忘れる笑い通しだった。
更に「百万円」付く日のようだから、続けて読んでしまいましょうと、明日、明後日は「競馬」だし、今日の名古屋の結果も知りたい。
こんな話だったかと読み進み、これに似た作品を思い出したが、それは兎も角「たこ」は「章魚」と書くのを完璧に忘れていた。
白髪の本数分、漢字を忘れていくに違いない。
だいたい天眼鏡を上下に動かしながら読むのだから、大仕事である。
面倒になったところで何処かの劇場の何周年記念だとかで送られて来たカード式の拡大鏡を思い出した。
これがまあ案外な優れもので何より軽くて負担にならない。
来週また眼科に行く事になった。
せっかく新調したコンタクトレンズだったが合わなかったのである。
強度の近視で、手元を取るか遠くを取るかで、検査検眼ですっかり草臥れ果てたわたしは看護師さんにお任せしたのだった。
調べてみるとコンタクトレンズのクーリングオフは効かない等とソラ恐ろしい事が書いてあった。
実際にはそんな事はなく、また合わせに行くが、落ち着くまでしばらくかかりそうだ。
明日、中京『なでしこ賞』5枠9番タコ。
ついに「章魚哲」が走る。


[PR]
by venuscat | 2009-06-05 23:00 | 日記