ねこのくしゃみ

venuscat.exblog.jp
ブログトップ

パイプ椅子


このところ、ここ数ヶ月に増して、体調、生活時間が不規則になっている。
食事も簡単に、おざなりに済ませることが多い。
事件が起こったのが4月23日。
この事件に限らず、日常私事の些細なことに関しても、一言で言えば「にぶい」からその分遅れて来る傾向がある。
さて、先月『皐月賞』当日の夢の話を書いた。
書くことに躊躇いはあったが、夢の出演者が豪華だったこととお席に戻れないという迷走もあって、全体的に面白いと思った夢で、わたしにしては珍しい夢だったから書くことにしたのだった。
この時、敢えて「夢判断」「夢占い」等はしなかった。
元々あまり興味がないこともあって、占いも同じで、深刻には考えない。
「皐月賞当日の夢」には、多少の脚色も入れてあるが、概ね見た通りである。
ただ、面倒で書かなかったことがある。
この機会(今)を逃したら、書かないで終り、忘れてしまうのだろうから、書いておくことにする。
あの日の夢は、ようやくお席に戻れたものの『皐月賞』は始まっていて見えないとしたが、戻ってみるとバルコニー席最前列だった筈が、そこにはスチールの事務机が置かれ、わたしはパイプ椅子に座るしかなく、せっかくいいお席だったのに何故パイプ椅子なの?と思ったことである。
また、左前方を見上げて見えた「回廊」は「原宿所の概観」に酷似していて、シンボリの勝負服の岡部さんが乗っていた馬は芦毛であった。
この数日前にも面白い夢を見ていて、あーたらこたら楽しい時があって、食事も一通り終り、時は夕方になり、お店の人が、左右のブラインドを開けて見せてご覧にいれましょうといいい、それまで壁だったものが一瞬にして変り、左手の大窓には「月明かりが綺麗な穏やかな夜の海」右手の大窓からは「一本の大木の夜桜」が見えた。
この時の夢にはオチがあって、登場人物全員で、食事の後片付けをお願いに行くと言うものであった。
食事のお誘いを受けたのは、有名な俳優さんで、名前をクサナギさんと言った(笑)。
ともに、わたしくにしては普段見ない夢で、記憶に残っていた。
今日辺りはまた冷えて来て、果樹の花房は終り緑が段々濃くなっていく。
季節が落ち着けばと、体調回復の兆しを待っている。
毎度のことで、生きては行けます(笑)。
雉♂は発声も良くなり、大変元気な様子。
来週は『NHKマイルC』
さて、来ない馬は分かるでしょうか?


[PR]
by venuscat | 2009-05-08 06:00 | 日記