お門違いのやっかみ


名刺を見ると「営業担当」になっているが、剪定の見積もりをして貰った。
去年一年は手を入れずじまいだったし、雪囲いの手配の前に、雪が降って積もった。
何もかも後手後手になってここまで来た。

運が悪かったと、自分を言い含めて、諦めるしかない。
しかし父と母には、何と詫びたらいいのか。

謹厳実直頑固堅物な父、お嬢様育ちで我儘勝手があったが、可愛らしくて綺麗だった母。
父は勤め人だったが、畑仕事を楽しみにし、母は庭に花を咲かせた。
娘のわたしは、美味しいと綺麗しか言葉を知らなかった。

母が植えた木蓮が先だが、わたしが植えた花水木の方が大きくなってしまった。
以前住んでいた近くに、白色の花を咲かせる花水木のお宅があって、御近所の人達は、毎年楽しみにしていた。老木なのか、花が咲かない年もあった。
「今年は咲きましたね。良かったですね」がちょっとした挨拶になった。
その頃になると、毎年、母に文句を言われるのである。
あなたがあんなところに植えたからと。

もう何十年も前の事だ。
東京郊外の新興住宅地の街路樹に、ようやく花水木が植えられるようになった頃。
この田舎では、庭木の花水木は見たことがなかった。
植木市で苗木を見つけて、白かしら桃色かしらと植えたら、桃色の花を咲かせた。

見積もりに来た営業担当の人は、真っ先に花水木に眼を付けた。
庭木でこれだけの花水木は、そうそうないというのだ。
「花は咲きますか」
「ええ」
「何色ですか」
「白だったら良かったんですけど桃色なんです」
桃色の方が成長が遅く、値が張るのだそうである。
家の庭木に値段が付く等、考えたことがなかった。
びっくりする程の値段だった。
わたしの背丈もない苗木だったのだ。

しかしそこからが地獄だった。
悲しい悔しい情けないの繰り返しである。

シルバー人材センターに「草刈り」を頼んだ。
「剪定」はお断りをされていた。
三メートル以上の庭木があるお宅には入れない決まりがある、と言う理由だった。

「草刈り」の人に、お台所の額紫陽花をバッサリ刈られ、その横の普通の紫陽花は根こそぎ刈られた。
頼んでいない。

元々毎年入ってもらっていた植木屋さんはあったのだが、母のほぼ全てを網羅している電話帳を見ても探せなかった。最後の雪囲いの領収書も出て来なかった。

断られるのを予想して「お知り合いに植木屋さんありませんか」と聴いてみた。
後日居直られるのだが「是が日でも」等とは言ってはいない。むしろ、お顔が広いでしょうからの「お愛想半分」である。
あっという間に「剪定班の仲間」を連れて来た。

悪質だった。
「三メートル以上には手を付けない剪定」の伝票を上げるカラクリだった。

届かないと言って、途中までしか整えられなかった庭木もある。
玄関の松には散々ケチを付けられ「こんな松切ってしまえ」と何度も言われた。
わたしは見立てが分からないので「まあそんなに格好がわるいんですか」程度に相手をしていると、繰り返し繰り返し言うので、「切るんでしたら御仏壇にお線香をあげて、お墓参りして、それからにしてください」と切り返した。

「来年お花が咲かないのは困ります」ともお願いした。
しかし草刈班二名と剪定班一名で、三箇所である。わたし一人が全てに付きっ切りと言う訳にはいかなかった。
素人のわたしが見ても「見るも無残」になった庭木もあった。
躑躅の花色が白か黄色かで言い合っていて、結局「もらっていく」だった。

他にも文章にはしたくない違反行為が何点かあった。
伝票操作以上の悪質さである。

電動草刈り機で刈られた荒涼とした畑と、無残に刈り込まれた庭木が残った。
陽が暮れると余計悲しみが増した。

結局親戚の伝手を紹介してもらった。
古い家で、立派な構えと庭がある。
家には、とてもとてもと思っていた。
事情と経過の話をして「三メートル以上」の手付かずだった植木の剪定の見積もりと、シルバー人材センターの仕事振りを見てもらうことにした。

「気の毒ですが」
「追い打ちをかけるようですが」
「これ以上言いにくいですが」ばかりだった。
「どうしてこういうことをしたのか聴いてみたい」とも言っていた。

乱暴な切り口で「どんな道具でしたか」と聴かれても「道具自慢」をされたのは憶えてはいるが「刈り込み鋏」や「鋸」だったような気がする。
剪定鋏で直せる切り口は直してくれたのだが、季節もあって、これ以上は手を入れられないとも言われた。
仕立てをする程の庭木ではないが、それでも格好が付くまでには何年もかかるそうである。
根元の刈り込みが乱暴で、根腐れも覚悟してくださいと言われた庭木もあった。

松と木蓮と花水木の剪定の見積もりを取ってもらい、溜息が出たが、お願いするしかなかった。
帰りに花水木の写真を撮っていった。
わたしはまだ一枚の写真も撮ったことがなかった。

庭の様子を知っている母の友人に泣き言を言ったら
「地植えの植木は生命力が強いから」
「元気だして」
「しっかりして」
「世の中には理解出来ない事をする人がいますから」
慰めて励ましていただいたが、気持ちは晴れない。

「居直り」の中に
「来年咲かなかったら咲いた花を持っていく」
「値段は普通にあげますからね」
「おまけしてあげます」と言わんばかりだった。

来年からも「草刈り」は頼まなくてはならないし、穏便に済ませたかったが、草刈りの代金は支払うにしても、剪定の代金等、支払いたくない。
最後に怒りが込み上げてきて、納まらなかった。

シルバー人材センターには、契約違反行為と仕事振りを報告し苦情を言った。
今回「剪定の請求」はないそうである。
後日、お庭拝見とお詫びにいらっしゃるとのこと。
元には戻らないのだけど。
庭木を失うことは、ペットを失うのと同じである。
何十年もかけて育ったのだから。

庭木と畑と草花を育てる知識が、全くないことには気が付いていた。
今回は「女の無知と貧乏の悲劇」であった。

種を蒔いてみた。苗を植えてみた。
芽が出た。花が咲いた。
失敗した。
そんな話を、ここには書いてみたいと思っていた。

取り敢えず「障子紙」を注文した。
無いことも無く、刷毛も糊もあるのだが、母はシルバー人材センターに、障子の張替えを頼んでいた。
今度は、自分でやってみようと思ったのである。

[PR]
by venuscat | 2006-09-27 00:00 | 日記