リッスン


ちょっと調子が良いと競馬場に行ったり致しまして。
もうそこは、パラダイスなわけです(笑)。
でもまあ疲れは出ます。
予測はしておりまして覚悟も出来ているはずが、今回は時間が滅茶苦茶。
本来眠っている時間に起きて居たりします。
SMAPのパラリンピック応援も、草なぎさんのスペシャリスト関係もまだでしたから、今日はそちらを先に。
終えてあとは、まだエリ女ぐずぐず(笑)。
着順も決まって、馬券はトリガミで、結果は出ているのですが。
書かないと納まらないようなので(笑)。

先のメモ紙は、PCキーボード横、辺りに積んで有ります。
競馬の時は、そこからクリップに挟めるくらいを抜き取って使います。
エリ女の朝はまだ、机の上や倒れないようにはガードしている束やらあっちこっちに、新聞を広げていました。
そこからほんの一部、顔を出しているメモ紙は定位置。
文字が少し斜めになっているのは、そのせい。
マリア、エルコン、レインボーダリア
意味:
福島競馬場ガラポンで引いたフィギア、エルコンドルパサーからも勿論なのですが。
道悪を意識しましょう。
レインボーダリアの時は、雨がひどくなって人気が一つあがった。
そこが買い時だったのを逃した。
※レインボーダリアは新馬戦からの注目馬でしたが、美浦の馬で馬券は買い損ねてばかり。
でも道悪馬場が良いことは知っていた。
前日、11月14日(土)レーシングプログラムに、トゥザヴィクトリー。
サイン馬券は、多方面の抱負な知識と競馬経験が必要で、運が無ければ取れない。
でもせっかくなので(笑)考えてみる。
海外競馬に関係する馬は?いた。
エルコンドルパサー蛯名さん凱旋門賞2着!
マリアライト蛯名さんの母父。
翌月曜日の日刊には、マリアライト母系図が載りました。
哲三さんもエリ女当日の予想文の中で、道悪の上手いディープ産駒と書いています。
ここまではいいのです(笑)。
なにが悲しい悔しいと言って、タッチングスピーチ。
母リッスンに蛍光ペン!
メモよりも先でした。
展開も読めない血統も分からないのですが。
※せいぜい母父止まり。
GⅠ哲三塾特別頁出馬表は、馬名の右横に父母のみ記載。
ですが、リッスンにチェック。
リッスンの母父はサドラーズウェルズ。
マリアライトほどでも無いけれど、今日の馬場は良いはず。
なのに(笑)。
3歳3頭:
ルージュバックはオークス以来の実戦。
強い強くない以前に休み明けは買いにくい。
一叩きしていればすんなりのところ、考えてしまいます。
残り2頭。クーインズリングとタッチングスピーチでは、秋華賞上位の方を取りました。
最初の血統何処に消えた(笑)。
散散迷う時は大抵、予想始めたスタートした頃が一番当たり馬券に近い。
道中あーでもないこーでもないと考えて、ゴール入線の頃には、外れ馬券に辿り付いています。
※ただし今回は、マリアライトは来そうだけれど、アタマまであるかしら、でした。
対策は十分考えたはずでしたが、対策そのものをを忘れてしまいます。
今欲しいもの。
刑事ドラマに出て来るようなホワイトボード真剣(笑)。
来週は、赤松賞からまつ賞、取りたい。
東スポ杯2歳Sは取れたら、クラシック視野。



中島さん早く良くなりますように。
待っています。


[PR]
by venuscat | 2015-11-17 23:55 | 日記