2013年東京優駿雑感


昨日どうしても我慢出来なくて、ここに書きかけたことがある。
書き出し1行を書いて、ちょっと待ちなさい。
よそ様が読んで気分のいい話ではないでしょう。
しかしわたしは今日も悔しい(笑)。
悔しいと思うことが、今回の場合は負けなのは自覚しています(笑)。
結局あーたらこたら話を聴いていただいて治まった。
かにみえた(笑)。
ひと晩寝て日が変わっても「いやだなあ」という気持ちは変わらない。

今年2013年日本ダービーは第80回。
2004年第71回キングカメハメハ安藤勝己から数えて9年目9回目。
短波ラジオを買う前の土曜日は、AMでメーンレース実況を聴いたり録音したり。
取り溜めた録音テープの中には、岡部さんが現役で走っているレース実況もある。
日曜日のTVスーパー競馬以外は、これまでラジオNIKKEI競馬実況を聴いてきた。
あの日は珍しくカチンと来た(笑)。
こんな風に言われることはないでしょうと思い、向こうにひと言書いておいた。
毎日杯キズナが1人1着して「佐藤哲三乗ってましたね」。
競馬素人じゃあるまいに。
むしろ競馬を生業にしているんでしょうに。
ヒドイワ(笑)。
キズナの評判はデビュー前から聴こえて来ていた。
だから匿名掲示板では、テツゾウだ、いやタケだ、テツゾウに決まっているから、のやりとりがあった。
新馬戦はどれほど緊張したことか。
1人1着して嬉しくてほっとして、ここに書いたほどだった。

土曜日曜とラジオNIKKEI解説者が担当時間内の何処かで、予想や注目馬を上げていく。
今年のダービーは予想もなにもなく(笑)。
皐月賞組VSキズナ。
キズナは弥生賞5着で皐月賞に行けなかった。
毎日杯から京都新聞杯という別路線組になった。

ナガイさん:キズナとロゴタイプに、エピファネイア
タケナカさん:エピファネイア。相手はロゴタイプ、キズナ、コディーノ。他にはヒラボクディープ、メイケイペガスター
ツジさん:エピファネイアに、ロゴタイプとコディーノ。ヒラボクディープも。
コマキさん:ロゴタイプとエピファネイアに、キズナ。他にはコディーノ、メイケペガスター。

ツジさんのメモを見てあれ?と思うがエピが丸囲みになっている。
みな似たような予想で、わたしのメモ書きも脱力している(笑)。
毎週土曜日曜、賭けても賭けなくても競馬実況は聴いていて、解説者の声はわかる。
モリモトさんもタケダさんも。
この二日間でキズナを本命に上げた解説者は一人。
毎日杯で「佐藤哲三乗ってましたね」と言ったA記者。
声と口調で一瞬にして思い出した。
おやまあ(笑)。
わたしにしてみれば、ホホエマシイ(笑)。
ここまではまだ良かった。
ところがこのA記者さん予想を別途公開していてそこで。
「キズナとエピファネイアは2歳戦から注目していました」
素晴らしい相馬眼をお持ちのようだ。
新馬戦と言わないところがこころにくい(笑)。
黄菊賞は500万下条件戦。
ラジオNIKKEI賞重賞レースG3
確かに2歳オープンではあるけれど。
このレースは7頭立て。枠連の発売は無く複勝は2着まで。
7頭中4頭が今年のダービーに出走した。そんなレース。
哲三さんが怪我をして乗れなくなって武さん乗り替わり初戦。
キズナは新馬戦1人気単勝2.0倍、黄菊賞1人気2.0倍。

d0085267_15161987.jpg

d0085267_15184449.jpg

netkeiba.com


ここからは憶測。
A記者さんは佐藤哲三鞍上キズナにはあまり興味がなかった。
武さん乗り替わりで俄然乗り気になった。
そんなところでしょう。
毎日杯は1人気1着。
わたしはこの毎日杯を見て、キズナは武さんの馬になったんだなあと寂しかった。
当時は武さんに似合う馬と書くのが精一杯だった。
ラジオNIKKEI賞、弥生賞と半信半疑だった武さんファンも、この毎日杯のパフォーマンスで確信したことでしょう。
でもまだ相手が(笑)も有った。
2歳戦から注目していたなら、この毎日杯で、佐藤哲三乗ってましたね等とにべもない言い方は無い。
2戦とも1人気1着。
すこぶる順調だったのだから。
前2走くらい見るでしょう、実際レースも見てるでしょう。

どのレースでファンになるかならないか、そんなことは問題ではない。
日本ダービーのキズナを見て、キズナは強い、ファンになったら立派なキズナファンだ。
新馬戦から見ていたからと言うのでは無い。
怪我をして乗れなくなった佐藤哲三が乗った大切な2戦をを切り捨て、百歩譲ってそれでもいい。
「2歳戦からから注目していた」
これが、なんともいやな感じで残るのだ。
新馬戦か黄菊賞かラジオNIKKEI杯か。
ラジオNIKKEI杯はラジオNIKKEI杯だ。
ちょっとツネッテいいかしら(笑)キュ(笑)。

オトコノヒトにはメンツというものが有ります。
武さんのファンは多いでしょう。
ほどほどに(笑)と言われましたんですけど(笑)。
ラジオNIKKEI解説のベテランおじさん達は、皆いい具合に力が抜けていて、そこがまた聴いていて楽しい。
しゃかりきになって馬券を当てにいくようには聴こえない。
的中して「どうだ」などと胸を張る人はいない。
実際はラジオなので不明(笑)。
アナウンサーは的中より笑いを取りたいようなフシが有る。
当る予想もあれば外れる予想もある。
ギャンブルなのになごやかに進行していく。
土曜日曜の競馬が終われば、また次の土曜日曜の競馬が始まる。
先週の予想を覚えている人はどのくらい居るだろうか。
わたしは、向こう競馬反省文が書き終わるまで、予想や右往左往艱難辛苦(笑)した買い目のメモ紙は取っておくが、書き終わったら捨ててしまう。

昨日。
みんな大人だから大人の対応をしているの。
哲三さんが一番悔しいと思いますよ。
A記者さんは言ったこと覚えていないんじゃないかしら(笑)。
今日。
録画してあったNHKとみんなの競馬を見ました。
NHKではレース後佐々木調教師コメント。
解説鈴木調教師コメント。
ともに哲三さんを気にかけてくださって、素直に嬉しく感動しました。

どうも哲三さんのことになるとアツクなっていけません(笑)。


[PR]
by venuscat | 2013-05-29 15:45 | 日記