哲三さん近況


■昨年落馬で大ケガの佐藤が復帰へ思い語る
nikkansports.com 2013年3月1日8時39分

 佐藤哲三騎手(42)が2月28日、本紙に復帰への熱い思いを明かした。同騎手は昨年11月24日の京都10Rで落馬。左上腕骨、左肩甲骨、腰椎横突起、左尺骨、右大腿(だいたい)骨幹部、左足関節、右第一肋骨(ろっこつ)の骨折など、全身に大けがを負った。騎手生命が危ぶまれる大きな事故だったが、2カ月足らずで普通に歩くまでに回復。切れている左腕の神経も1日1ミリずつ蘇生しており、今は親指が動くまでになった。今月29日に左腕の神経をつなぐ手術を控え、現在の心境を語った。

 「これまでレースで死んでもいいと思って勝負してきたけど、さすがに今回は体のダメージがひどくて復帰は無理と覚悟した。でも競馬が、馬をつくるのが、レースが大好き。腰が引けて乗るようならファンに迷惑がかかるし引退するけど、このまま辞めるわけにはいかない。1000勝や海外挑戦、有馬記念制覇などやり残していることがあるんだから」

 今後、数回の手術を経てから本格リハビリを開始。落ちた筋力の回復と左腕の神経系統を鍛え直し、堂々とファンの前に勇姿を見せる。【鎌田優】



惚れ直しました♥

1阪3 8Rアルメリア賞 
アドマイヤツヨシ(丸山元気)6人3着
6頭立。複勝は2着まで。
直線詰まってから伸びていて楽しみ。

1小7 12R八代特別
ナガレボシイチバン(伊藤工真)12人4着
惜しかった。

明日「弥生賞」どうしましょ。


[PR]
by venuscat | 2013-03-02 23:00 | 日記