ねこのくしゃみ

venuscat.exblog.jp
ブログトップ

まったく


金曜いいともで、まあまあ元気な様子を見て。
わたくし基準では、府中競馬場行き帰りでは、回復には最低でも一週間かかります。
ほっと安心したところでございました。
なのにです。
今晩の「うまきん」キョクジチョウのお言葉。
脚部不安。
うるさい(笑)。
日頃のアイドルファンとは思えません。
そんなヨタ話よりも、たまには当たる予想してください。
競馬関係者は、予想が外れても知らん振りが多い。
反省もしない、懺悔なんてもってもほかと思っているんでしょう。
予想外したら、ひょうきん族のように水をかぶるとかしたらいいんだわ(笑)。
競馬ファンがジリ貧になるのは、当たらないからでしょう。
初心者にはまず当たる指南をしませんと。
そうやってお客を引き付けておいて。
それからじっくりジリジリと搾取がセオリーでしょう。
はい。わたくし今日機嫌が悪い(笑)です。
情けないヤツアタリです。
ハシモトサンの主遣いは誰なの。
文楽は見に行くものじゃなくて聴きに行くものでしょう。
観劇のご感想はご自由にとは思いますけれど、お立場と発言の影響力はお分かりになるでしょう。
御承知の上でなんでしょうけれども。
さすがに今回は失笑です。
ただ、越路喜左衛門、津大夫寛治、三味線の弥七さん時代からすると。
住大夫さんは倒れて、これから先どうなるのの不安は有ります。
簑助さんが倒れたのも痛かった。
あと。
東京国立劇場小劇場の土日客席は古典教養主義的で、わたくしも若い頃はそうだったんでしょう(笑)。
平日は年齢層高め。
そうそう文楽には行けませんけれど。
昔行った大阪の平日の客席は寂しかった。
でも浄瑠璃は大阪訛りで語るはず。
だから東京出身の大夫さんは苦労したはず。
ここ、わたし聴いても分かりませんけど(笑)。
そう簡単な芸ではないでしょう。
だから「てまひま」としたのです。
清治さん勘十郎さんほかみなさん。
頼もしく思っています。
とりとめないからこの辺で。

20120728 朝追記
昨夜、番組中のちょっとした一言、脚部不安と笑いにされたのが不愉快で(笑)。
普段なら笑って聞き流していた程度のことですけれども。
ハシモトサンとハシモトサンの発言とでご機嫌斜め(笑)。
最初は何処かの記事を読んで仰天して。
インタビュー動画も拝見しました。
1回2回見て分かるものじゃないから。
競馬もそうでしょう。
何でもてまひまかかるものだと思っています。
夕べ書き散らしましたから(笑)若干整理しました。
もう声あげないとの気持ちもありました。
この一連の問題騒動、整理しませんと。
でも整理させない発言をしているのは誰。
NHKEテレで面白い番組が拾われていて、何でしょうと見ましたら。
勘十郎さんの三番叟でした。


[PR]
by venuscat | 2012-07-28 01:00 | 日記