ぐるり


さすがに起きられませんで(笑)。
昨日お出かけで良かったと、まどろみながら梅雨の雨音を聴いたり聴かなかったり。
文庫本は解説から読みます。
習慣だから。
映画はまったく知らないでみます。
習慣だから。
どーしてと考えてみたのですが、子供の頃から一人で映画を見ていた(笑)。
映画の出来がいいだの悪いだの関係なしで。
そもそもそのような批評が存在するを知る以前から。
中学生になってようやく「キネ旬」。
当時のキネ旬は今のキネ旬とは違います。
でもまあそれも案外どーでもいいことで。
いまに至るまで、映画はふらっと見ます。
今年のお正月テレビ映画で「恋の門」と「ぐるりのこと」を録画していました。
恋の門は映画館で見た映画なのに、忘れて覚えていなかったシーン多数でショックでした(笑)。
でも見所はやっぱり美術。
「ホテルビーナス」「山のあなた」都築雄二。
で「ぐるりのこと」
あ、そうと言うリリー・フランキーさんと木村多江さんが主人公らしく始まって。
いかにもそれらしく終わります。
しんどいシーンも有り、それを乗り越え。
ちゃかす気持ちは全く有りません。
そういう映画。
見て良かったなあと思いました。
感想を文章に出来るアタマが有りませんから(笑)。
俳優さんがこれでもか!!投入御出演でした。
NHK総合テレビ「阿修羅のごとく」再放送があった時、本放送当時も見ていましたが、せっかくなので残しました。
この再放送で一番驚いたのが風吹ジュンさんの変容でした。
倍賞美津子さんもいいなあと思います。
で、何を書くんでした?
水羊羹の小豆の皮は残すのか取るのか?
久し振りにおせいさんを読みましょうかと。
あまりキリリとしたものは好まなくなっています。
若い頃は好きだったんですけど。
昨日お花やさんで百合の花束を買いました。
相当お安かったから2束でもと思ったくらい。
父と母に報告することも有りましたし。
田舎の陋屋では今夜になってもまだ、百合の香華がぐるりと立ち上ってきます。

d0085267_2232260.jpg



[PR]
by venuscat | 2012-07-05 22:30 | 日記