不服申立て棄却から一夜明けて


■JRAニュース 2012/6/14

小島茂之調教師からの不服申立てに対する裁定について6月12日(火)付をもって小島茂之調教師から提起された不服申立てについて、裁定が行われましたのでお知らせいたします。

1.不服申立人
調教師 小島茂之

2.不服申立ての内容
第3回東京競馬第4日第8競走における走行妨害の申立てを棄却した裁決を取り消す、との裁定を求める。

3.裁定委員会における審査
6月13日(水)に裁定委員会が開催され、不服申立人及び当該裁決に係る裁決委員からの意見陳述並びに当該競走のパトロールビデオの検証が行われ、裁定が下された。

4.裁定
本件不服申立ては、これを棄却する。

5.裁定の概要
申立人からは、ランパスインベガス号は2着が3着に着順が変わってしまうほど大きな被害を受けており、ファイナルフォーム号が決勝線手前で急に同馬の進路に入ってきたことは明らかに走行妨害であるとの主張があったが、
(1)「加害・被害に直接の関係を有しない馬との着順の変更の可能性をもって被害の程度は判断されない。
(2)「被害馬ランパスインベガス号は決勝線に到達するまでの約2完歩の控えであり、その被害の大きさから競走能力の発揮に重大な影響があったとまでは認められない。
とされ、走行妨害の申立てを棄却した裁決は相当と認められた。

■小島茂師不服申し立てJRA裁定委が棄却
日刊スポーツ 6月13日(水)22時11分配信

JRA裁定委員会が13日午後2時から開かれ、小島茂之調教師(44)が提出した不服申し立てを棄却した。
岡部幸雄元騎手ら外部委員3人を含む5人の裁定委員が、小島茂師、裁決委員からそれぞれ意見を聞き、パトロールビデオを検証。
以下の2点によって、走行妨害の申し立て棄却の裁決は相当と判断した。

1 加害・被害に直接の関係を有しない馬との着順の変更の可能性をもって加害の程度は判断されない。
2 被害馬ランパスインベガスは決勝線に到達するまでの約2完歩の控えであり、その被害の大きさから競走能力の発揮に重大な影響があったとは認められない。

午後8時過ぎに裁定書を受け取った小島茂師は
「こういう結論しか出せないのかと思うと残念。結果ではなく、納得する答えが出なかった。覆ってくれると思ったけど…。これで多大な被害でないと言うなら、競馬は長く続かない。ベストの方法を考えていきたい」
と話した。
今後は日本スポーツ仲裁機構や裁判に訴える手も考えていくことになる。
不服申し立ては過去に7件あったが、いずれも棄却されていた。

■小島茂師、不服申し立て棄却に「これからが大変」
スポニチアネックス 6月14日(木)7時0分配信

10日の東京8Rにおける裁決(走行妨害の申し立てを棄却)について、小島茂之師(44)が行った不服申し立てに関する裁定委員会が13日午後、東京都港区のJRA六本木事務所で開かれ、同委員会は訴えを棄却した。

外部委員3人を含む5人の裁定委員が小島茂師、レース当日の裁決委員双方から意見聴取し、VTRでレースを検証したが
「被害の大きさから走行妨害とは認められないので、走行妨害の申し立て棄却は相当」
と結論づけた。

棄却を通知された小島茂師は
「こういう結論しか出せないのは残念。納得できる理由をつけてくれとお願いしたが、納得できるものではなかった」
と落胆の表情。
「きょうで終わると思ったが、これからが大変。支援してくれる人もいるので、ベストの方法を考えたい」
と裁判やスポーツ仲裁機構など外部の審議機関に訴える可能性を示唆した。



一夜明けて。
ひと晩寝れば気分も変わると思いましたが、やりきれなさは変わりませんでした。
そんな気分のまま。
水上学さんブログで知った昨夜放送、テレ朝「マツコ有吉の怒り新党」を見ました。
初めて見た番組でテレビ欄は
「女の勘は信用できる?有吉ベッドまで○秘浮気」
これだけで、競馬の文字は有りません。
テレビ欄を打っていると「ぷっすま」を思い出します(笑)。
上手い面白いテレビ欄がたくさんあった時代が有りました。
で、早送りして競馬あった!!
「騎手・江田照男の大穴レース」
1998年3月29日「日経賞」テンジンショウグン
2000年10月1日「スプリンターズS」ダイタクヤマト
2012年3月24「日経賞」ネコパンチ
テンジンショウグンのRを覚えていれば今年のネコパンチ取れたかも知れませんね(笑)。
有吉さんとマツコさんのギャンブル話はなごやかに穏やかに進み。
有吉さんはお付き合い程度。
マツコさん15年封印中なのだそうで。
でもまたやってみたい。ウインズ行きたいと言っていました。
マツコさんも審議の結果、当たり馬券が外れ馬券になったり、そのまた逆でラッキーの経験があるかも知れません。
とまあ話を脱線致しましても、今日はお天気で静かな日だなあと思いましても、マウスの調子が悪くて、使いにくいPC付属のマウスに変えてみましても。

競馬ブログは、小島茂調教師、須田鷹雄さん、水上学さん、坂井千明さん、オケラセラさんを読みました。
オケラセラさんは、わたしが競馬を始める前、馬耳東風時代から知っているサイトで、多分お書きになるだろうと。
みなさんそれぞれのスタイルでわかりやすく解説されていらっしゃいます。
ただ、昨夜の憔悴した小島茂先生の写真と結果報告のブログを拝読しますと。

わたしが不思議でならないのは、須田さんがお書きになっている社内カーストがあろうとも、水上さんがお書きになっている人々が審判をしていたとしても、皆様ひとより頭の良いエリート集団でしょう。
それが何故、失礼ながらおおそれながら馬鹿みたいなことを?
もっと上手くやれるでしょう?ということです。
ここがどう考えても分からない点です。
プライドの守り方も人一倍ご存知でしょうし。
不思議だなあと思います。

競馬って面白いし、100円馬券のおばさんですけど、楽しいですよ。
予想はサイコロ転がしても、難しく考えても、自由ですし。
ルールは分かりやすい方がいいと思っています。
サイコロの目はいつも2とか。
2なら出せるって坊や哲さんが言ってましたから。
ここ深読みしないでください(笑)。

「医者僕」10話も、普通に見て1回。CM抜いて1回。
もう1回見られるかしらで3回(笑)。
森下先生の読みはいまのところ外れていますが、他はおおよそ予想通りです。
「任侠ヘルパー」脚本、参考R。
さば缶上等。
花とか見てもああ植物だなあって感じの沢村先生いいです(笑)。
すずさんは皮膚感が若干厚い。
来週最終回、早かった。
どうなるんでしょうね。楽しみにしています。

今回の件は追いかけるつもりでいます。
2008年10月4日「第12回シリウスS」からでした。




[PR]
by venuscat | 2012-06-14 18:00 | 日記