ねこのくしゃみ

venuscat.exblog.jp
ブログトップ

ジャニヲタさん二人


どうしても書きたい(笑)。
昨日いわゆる「ジャニヲタさん」の会話を初めて聴きました。
わたしはとても疲れていて少しゆっくりしたかった。
お昼ごはん。
メニューを何回めくっても同じものになってしまう。
お食事が運ばれてくるまでしばしお茶。ほっと一息。
お隣のお席の会話を聞くともなく聞く。
年末年始のお仕事の話。
頑張ってるなあ。お疲れ様でございます。
お昼ごはんを美味しくいただいて、さて。
ぼんやりして今年の優駿手帳など読む。
今年何故?透明のカバーが付いた。
誤植があって、糊付けの訂正が一箇所。
気にしないのにと思うものの、大変だったでしょう。
お隣の若い女性二人はお昼を終えても立ち上がる気配なし。
優駿手帳も読み飽いて、文庫本。
どういうわけか必ず雨降りの本。
もう1年2年。よれよれくたくた。
でもカバーはかけたくない。剥き身で持っていたい文庫本。
泣きそうになりながら読む。
お隣の会話は続く。
若い人Aさんと若い人Bさんの会話。
Aさんから「ジャニヲタ」の単語。
何?とわたし(笑)発声を初めて聞く。
「スマヲタ」も、日常では聴いたことがない。
てっきりわたしの知らない世界、マイナーなライブハウスのお話に夢中なのかと思っていた。
今思うにライブハウスのお話は前座か前振り。
どうしてここまで分からなかったか?
「エイト」が不明だった。
Aさんがしばしば発するエイトとは*関ジャニ∞(かんジャニエイト)のこと。
*ウィキのコピーです。
ここが分かってから俄然お話が面白くなった。
耳栓しても聴こえる会話です(笑)。
文庫本は涙涙のまま大事なところ。
Aさんはバリバリのジャニヲタさんで、Bさんは下地はあっていよいよ追随しましょうかといったところ。
もしBさんの親戚縁者ならば「おやめなさい」と「底なし沼だから」とご助言申し上げたいところでは有りますが。
お隣で一人お昼ご飯を食べてぼんやりしているおばさんがスマヲタとは思いますまい(笑)。
エイト、キスマイ、ジャンプ、ヘイセイだったかな?あやふや。
その格上に嵐。
大きい会場を満員にして豆粒くらいにしか見えないのが「素晴らしい、凄い」ことらしい。
このお年頃ではSMAPはないの?と思い始めたころ。
Bさんからスマップ。安堵(笑)。
も束の間、「お母さん任侠ヘルパー見てて」。
この人見たなあ。やぶくんの漢字読めなくて。
「藪の中」とか読まないAさんとBさん止む無し、上等。
話の流れで「草なぎくん」ドギマギ。
AさんとBさん共通の知人にスマヲタさんがいて。
ジャニーズにおける草なぎ剛の系譜があるのだそうで。
「分かる。下から二番目でしょ」。
ちょっとだけおばさんは負傷した(笑)。
文庫本は時代と世相とフィクサーと、目が離せないくだり。
この二人の会話を聞くきっかけは「カウコン」と「夏はいやなのよね」だった。
カウコンってあの?見たことは無いけど反応してしまうおばさん。
夏はいや?スマップの夏よねえと密かに(笑)。
どうもお化粧が崩れるかららしい。
しばらくお化粧の話をしていて、若さ故のお悩みもあるようだった。
手づくりウチワを「今年も」見てもらえたら幸せ。
ここはほんとにしあわせそうに満足そうに聴こえた。
若いという字は羨ましい♪
どうやらAさんには「最強の名義」があって毎回「神席」なんだそう。
でも大きい会場には通じないそうな。
Aさんは一年に一度ジャニーズ事務所に献金(笑)しているのではなくて、例えばSMAP一筋のおばさんなんかは太古の化石で、複数のグループに複数の名義当然でしょの人。
ほんとに居るんだわ。未確認飛行物体が着陸してびっくり。
お金勿体ない。お金の使い方間違ってます。
と言いたくなる点では有りましたが。
要はエネルギーの使い道で、AさんBさんには最重要最優先。
その為にはしっかり働いてしっかりお休みもいただく、理由は色々で(笑)。
話は違法ダウンロードにも及び。
「ゆーちゅうぶ」とか律儀。
「ようつべ」「にこどう」なんて言わない(笑)「神席」とのギャップが面白い。
すぐ消されると嘆いていて「寝起き見る?」「わあ持ってるの、見る」。
きゃっきゃきゃっきゃ。
熊さんの寝起きと変わらない(笑)。
今になって気になることは「具体的な話」がなかったこと。
何年が良かったとか、この曲が好きとか、この人のここがいいとか。
「コンサートに行くこと」を楽しんでいるようだった。
「鉄道に乗っていたらしあわせ」とかわらない感覚かも知れない。
けれど、今のわたしならば。
機会が有れば鉄道乗りはしたい。
SMAPのコンサートは行かなくてもいい。
リーダーの中居さんが「付いて来れる人だけ付いて来て」と言っているのだから、いいんじゃない(笑)と思います。
でも依然として草なぎさんのファンなのでございます(笑)。
「捨て枠の名義」など無駄使いだと思うなあ。
Aさんの言い分では、この捨て枠があってこその神席のよう。
違うと思うけどなあ。
お守りみたいなものなんでしょうか。
AさんBさんお話聞かせてくださって有難うございました。
ほんとに面白くて楽しかった。
草なぎさんのファンにならなかったら「なぎ」の漢字は読めない書けないだったでしょうから、同じ(笑)。
文庫本はあと8頁でした。

昨日からアクセスが有りますので追記します。2012.01.19
最後までAさんが、どのグループのファンなのか、誰のファンなのか分かりませんでした。
わたくしが基本SMAPしか分かりませんから、何月頃コンサートがある、何月頃アルバムが出ると話をしていても推察出来ないからです。
Bさんもどのグループのファンクラブに入ろうとしているのか分かりませんでした。
Aさんの言う神席とは、アリーナ席スタンド席でも、1列目2列目辺りが当たるということで、手づくりのウチワを見てもらえるというのは錯覚でも思い込みでもなく、本当のことなんでしょう。
心底幸せそうでした。
その神席が当たる名義は決まっていて、駄目なものは駄目と(笑)。
会話の中で「スマップ」の呼称が出たのは2回。
「草なぎくん」が1回。
他は全く出ませんでした。
上限が嵐でそもそもの興味範囲外の様子(笑)。
年齢は二十歳を過ぎたくらい。
話声は普通でうるさい感じはなく終始楽しそうでした。
ほんとに隣席でしたから(笑)。
当方は本を読みながらで、一言一句聴いたわけではなく、案外スッポリ聞き逃している会話も有りそうです。
固有名は他にも何人か出ましたが、ジャニーズのファンは難しいところがあるので(笑)敢えて書きませんでした。
むしろこの人が好きでこの人がきらいという話は全く無く、その点も聴きやすかった(笑)かも知れません。
藪くんのくだりが、わたしには面白かったのです。
複数名義やダウンロードについて書くのは躊躇しましたが、実態はこうでしょうと思い書きました。
寝起きも誰かは検討も付きません。
またお隣の会話を書くという点に付いて、御非難が有れば其の通りだと思います。
最後に競馬もそうですが、何万人規模の大勢の集客が見込める興行には、色々様々な人達が寄るわけで、AさんもBさんもわたしもその中の一人と考えています。
お仕舞い。


[PR]
by venuscat | 2012-01-19 18:30 | 日記