「SMAP AID」 のころ


今日はちょっと蒸す。
ようやく体調が上向いて来たかと感じた昨日午前中だったが、午後はしぼんでしまった。
わたしが植えた石榴に実がなってる、多分(笑)小さな実。
まだ出られない。2階の窓から見ている。
困ったのが「SMAP AID」。
赤色でも黄色でもいいです(笑)ネット注文するんだったと後悔してもどうにもならないから這って行くしかなかった。
夕暮れ頃ようやく辿り着いて、お昼には完売しましたとのこと。
それでも頑張って行っただけの甲斐はあって、再入荷分の予約が出来て、黄色の希望も叶いそうだった。
入荷のお電話をいただいてからは、引き取りはいつでもいいですと言われても、今度は落ち着かない(笑)。
土曜日の競馬、短波ラジオを聴きながら引き取りに行って帰り道、藤懸騎手初勝利を聴いた。
小倉6R 3歳未勝利 ハナカゲ号 11人1着。
先手を取ってそのまま、ゴール前3頭接戦写真、ハナ差凌いでいた。
馬券は買っていなかったけれど、いい日だった。
「SMAP AID」は、良い良い(笑)という感想評判を読んでいたら、ほんとにそうだった(笑)。
freebirdから始まるのが心地良い。
いい機会なので、アマゾンで少し買い物をしたら、一瞬にしてお薦めがガラリ変わって泣いた(笑)。
昨日今日とちょっと抵抗して(笑)競馬関係に少し戻した。
今朝、ビデオの埃など払いながら探し物をしたが見つけられず。
「SMAP LIVE AMIGOS!」を見る。1998年。
記念すべき初ライブ。意外に見返さなかったみたい(笑)。
「007」が見たいかも。多分見る(笑)。
「戦前戦後」と言われるように「震災前震災後」の世の中になった。
日曜月曜と録画した映像には地震速報が入っていて、今朝7時ラジオニュース内でも地震速報が入った。
目に見えない不安は続き、雑草は怪獣のように容赦なく伸びる。
けれども。
SMAPは、10代20代30代、おそらく40代もアイドルなのだろうなあと思う。
今年はこれまでと違った形「ファンミーティング」地方巡回。
〆「西武園ゆうえんち」。
哲三さんのお誕生日前日(笑)に、海外中国公演。
昭和なわたしは「SMAPとファンの集い激論篇格闘篇」でも良かったのになあと思うけれど(笑)行きたいのに行けないと泣かせたり、やきもきさせたりするのだから、お商売としても立派なアイドル。
「ビバアミ」の頃、SMAPもファンも「今日の日本」は想像出来なかった、想像しなかったと思う。
SMAPの歌を聴いて幸せ、SMAPのダンスを見て幸せ、SMAPのお芝居を観て幸せが、ずっと続いたらいいなあと願う。
ささやかな幸せの日常を重ねるのがどんなに難しいかは、皆もう知ってしまったけれど、願う。
気掛かりは草刈り。ワライゴトじゃなく(笑)。
馬券はいつか当たるでしょう。
日曜小倉最終、哲三さん穴開けたのに、わたしはオケラで見学だった(笑)。
今年は朝顔を仕立てられなかった。
御近所の見事な朝顔の盛りも見逃してしまった。
多分出来ないだろうからと一鉢買って、お台所、丼鉢にぽん(笑)。
蔓は下に下に伸びて、一昨日辺りから一輪ずつ咲き始めた。
赤紫色の朝顔は日差しに向かって開く。
誰を待っているのだろうか。
昼に蝉、暮れて闇から鈴虫の音。

[PR]
by venuscat | 2011-08-23 16:30 | 日記