ねこのくしゃみ

venuscat.exblog.jp
ブログトップ

節電いたしましょう


金曜夜「僕らの音楽」は夢うつつに聴いていた。
今日、正確には昨日、どんな日だったか。
雨に打たれてしまったお洗濯のやり直しは出来なかった。
何事もキビキビこなせればこんな暮らし向きはしていない。
NHKFM「戦後歌謡三昧」。
岡晴男、オカッパルが聴けて楽しかった。
洋画洋楽が、一般常識以下である以外はなんでも聴く。
土曜日、ピーターバラカンさんが「音楽よりも語り」と最近気が付いた(笑)。
この番組だけは聴けるから不思議に思っていた。
「銀座の音楽」では聴きたかった曲が聴けた。
「高倉健」は「男の裏町」。
お昼、午後、夕方「金曜いいとも」「うまきん」「競馬が好きだ」「金曜アナライズド」。
と、ここで一文句(笑)書きましょう。
「金曜アナライズド」は「競馬番組ではない」と。
「何を求めているんですか」とも。
まあそのようなので(笑)わたしにとってはキツイし、内輪話のようで分らないから聴かなくなっていた。
「月→木」は、聴ける時は聴いていて、金曜の昨日、久々聴いてみた。
「第1エリアだけれど、第2を聴いています」に対してHアナ「カワリモノ」は無いでしょう。
Hアナの人柄を知っている、分っている人ばかりではない。
百歩譲って察しは出来ないことも無いけれど、わたしには「吐き捨てる」ように聴こえた。
「第2」には第2の魅力があって「第1」もしかり。
「戦後歌謡三昧」を楽しく聴いている年代だから「昔の実況」の方が余程いいと思っている。
「競馬の魅力」には「実況」も大きい。
ラジオNIKKEIなのに「今時の実況」は、余計なと思う実況もある。
で、本題(笑)。
日本中央競馬会JRAは「女性ファン」をどう見ているのだろうか?
「競馬」を始めるに当たって一番の難関は当時「スポーツ新聞を買うこと」だった。
おそるおそるの初心者にとって、競馬専門紙はお高いし、買ってはみても初心者故に、活用出来ないまま終ってしまう。
だからスポーツ紙となると、回避したい紙面があって(笑)まず、この折り合いのハードルが高い。
「競馬トウスポ」が抜き取りになって、どんなに嬉しかったか(笑)。
「詐欺師ペテン師調教師」を知っている世代。
なのに、だから面白かったのが競馬。
「詐欺師ペテン師金曜アナライズド」でしたか(笑)。
Hアナの馬場開放実況を1度は聴いてみたい。
Kアナは仙台放送時代が何となく思い出せる。
一週一度「息抜き曜日」も必要なんでしょう。
「WIN5」や「JRAダイレクト」やら「新馬券続々」でも様子見。
のんびりゆっくり長く楽しみたい競馬。
今年この時期「メジロ解散」は、後年どういう解説評論をされることになるのだろうか。
今日も「第2」を聴きます(笑)。


[PR]
by venuscat | 2011-04-30 07:00 | 日記