雉♂


端数が400円だったから(笑)まあ、厳しかった。
ワンコイン、500円に100円足りなくても、その100円は大きかった。
競馬を始めた頃、朝1Rから最終12Rまでみっちり聴いて、ただの1Rも賭けられないで終ってしまったことが幾たびもあった。
緊張しっ放しで、飲まず食わずで(笑)。
競馬はダイエットになるかも知れないと、本気で思ったりもした(笑)。
見たこともない100円を、手に汗して握って幕が降りるのだった。
けれど、このコースで終らなかったのが、現場、競馬場の実戦だった。
そこでは、勝ちもしなければ負けもしなかった。
トントンで帰って来る。
これは、相当上手いか筋がいい(笑)なんだそう(笑)。
と、言われたものの。
競馬を始めて数年経ってみると、ただの人だった(笑)。
するうち。
競馬の最中の「食」が、「ツキ」を変えるのは、うすうす感じてはいて、今日はピンポンが鳴って『月の街山の街』が届いた。
「速達サービス」等というのは初めてだったが、ごゆっくりで良かった(笑)。
今日は「小倉」や「東京」も買って、勝ったり負けたりしていた。
普段は「ラジオNIKKEI第2」を聴いていて、他場を賭けそびれてしまって、惜しい思いをしていたから、手立てを本気で考えてみたりした。
京都最終12R。
藤田さん負けてくださっていいのよ、お願い、哲三さんスエズ勝って!!
ユジニックブルーは、ずーっと注目馬なの!!
なのに、ゴール前で、きっちり1着。
けしからからん(笑)。
ヒルノダムールで勝って欲しいのに「京都記念」どうしましょ?
シャドウゲイト、メイショウベルーガは気になるし。
プロヴィナージュ1着して欲しいし。
ダノンシャンティは、嗚呼、まぼろしの我が心のダービー馬。
悩ましい、悩ましい。
これから「冬のサクラ」。
わたし以上に悩ましい人達のドラマ、どうなるんでしょ?
雪中に雉♂を今年初めて見る。


[PR]
by venuscat | 2011-02-06 20:45 | 日記