ねこのくしゃみ

venuscat.exblog.jp
ブログトップ

電話


今年のエリ女はほんとに楽しみだった。
エリ女を走るプロヴィナージュ(佐藤哲)に期待していた。
お昼頃までPC前に居たが、その後の情報等はなく、競馬番組は何事もなかったかのように消化されていった。
仕方なく気持ちを切り替えましょうと外に出た。
お向かいの奥様が「ついでですから気にしないで」とおっしゃって落ち葉を掃いてくださっていた。
お礼とお詫びと。
それから競馬実況を聴きながら、最終R陽が暮れるまで、雑草を掘ったり草むしりをしたりした。
今度の東京行きでは、久し振りに友人に会う。
夜、待ち合わせの段取りを決めて、今日の話をする。
「実はあーたらこたらなんだけど」
「まあすごいじゃないの。勿体ない」
「そうかなあ」
「そうよ」
そうは言われても情けない気持ちは残る。
それでも意を決して電話をしてみると先方は思い出したようだった。
「プロヴィナージュ挫跖のこと」
「出走取消は何時知らされたのか」
「JRA発表以上のことはわからないようになっている」
「2Rが終ったころ。皆驚いた」
冷静になってみれば(笑)しごく当り前のことではあった。
とても元気そうで、楽しく仕事をこなしている様子だった。
友人に「電話したわ。自己嫌悪だわ」と言うと「よっぽど好きなのね」と呆れられた(笑)。
調教はトップ3に入るくらいだったはずだ。
残念でならない。

[PR]
by venuscat | 2010-11-13 20:00 | 日記