ねこのくしゃみ

venuscat.exblog.jp
ブログトップ

疝痛・歯痛


疝痛で出走取消はある。
歯痛でブログ出走取消状態。

■2010.09.29(水)A歯科医院、初診。
顎関節症の疑いと言われてびっくりする。
歯の磨き過ぎ。ハンドバッグを持っただけで顎関節症になる人もいます。更にびっくり。
痛み止め食後3回3日分。
■2010.10.01(金)A歯科医院、通院2回目。
痛み止め食後3回3日分。
■2010.10.05(火)A歯科医院、通院3回目。
治療順番とおおよその治療期間見通しが決まる。
ただし、まだ痛みと化膿があるから、それらが治まってから。
前回と同じ痛み止めと化膿止め、食後3回3日分出る。
次回予約 2010.10.13(水)
■2010.10.06(水)A歯科医院、通院4回目。
朝から痛みが酷く、電話をして午後の予約が取れる。
治療予定に学生時代に治療した歯が含まれていたから、同時にその当時のB歯科医院に電話をしてみる。
経過と今日の痛み等々を伝える。
B歯科医院、2010.10.12(火)初診決まる。
夕方まで痛み治まらずA歯科医院へ。
「痛み止めは1種類しかおいていません。僕にはわかりません。治療できません。大学病院の歯科に紹介状を書きますから、そちらに行ってください」と言われる。
「あ・びっくり」する。
伏せておくつもりだったが、B歯科医院受診の話をする。
「そうでしたらそちらに行ってください」と言われる。
受付で「痛みが酷いようでしたら早い方がいいですよ」と言われる。
帰宅してB歯科医院に電話をして経緯を話す。
「先生は覚えていらっしゃいましたから安心してお越しください」と言われる。
■2010.10.07(木)B歯科医院初診。
「○○ちゃん懐かしいねえ。話は聴きました。大変だったねえ」と言われたら泣いてしまった。
「いくつになった?」「○○歳です」「僕は○○歳だ」
何を話してもいちいち泣いてしまう。
痛みが酷い方のレントゲンを撮る。
そこには、A歯科医院で治療を開始しますと言われた、親知らずも化膿している歯も映っていなかった。
右と左を間違えたのだろうか?
今日になって気が付いたことがあった。
診察始めに、先生が1本1本歯を診ていく。
傍らの看護師さんか歯科衛生士さんがそれを記録していく。
A歯科医院ではこれが無かった。
美容院か理容院か、話はいつも後ろからで、前に鏡がないから(笑)その先生の顔は見えなかった。
お酒どころではなく(笑)何も飲まない何も食べなければ、痛みは治まるようだ。
ストレスを感じるようなこともなく、強いて言えば秋彼岸が過ぎて季節が変わったことくらいだろうか。
B歯科医院に通うことになった。
今日夕方やっと「競馬が好きだ!」を聴いた。
「スプリンターズS」買い目の記録は残っている。
来週は「毎日王冠」「京都大賞典」早いなあ。
記録。

[PR]
by venuscat | 2010-10-07 22:30 | 日記