協力依頼


「何か」と言ってはみてもおおよそ書く内容あってのことで、ようやくそんな気持ちになって此処に来てみたところ。

「7月1日以降、ユーザーブログの各ページ、先頭記事の末尾にテキスト広告が2本入ります。」

とまあそういうことで、わたしには突然の広告表示でした。(6月18日告知)
記事末尾広告は「さるさる」さんは既に3本(笑)。
気持ちのいいものではないから「気にしない見ない」ことにしている。
とは言っても「気になる見たい」もあるだろうから困ります。
何処に行っても広告宣伝は付いてまわる世の中のようだ。
先週は「夕方の競馬番組」を1日も聴かないでしまい、「土曜日曜の競馬」は実況を聴くだけで終った。
オグリキャップ突然の訃報は、その土曜日だったか日曜日だったか。
新聞記事以外は、未だ関連記事も読めず、レース映像回顧も出来ない。
数日前だったと思う。
何やら仰々しいところから茶封筒の郵便があった。
開封してみると「年金記録確認調査への協力依頼について」。
申立人氏名生年、現住所都道府県名のみ記載。
申立内容3行。
申立人名前に覚えは無かったが現住所にはひっかかりがあった。
調査員氏名、電話番号に尋ねてみると、記憶にあったその人だった。
「協力依頼」は最低限の開示で、調査員が既に持っている調査情報と摺り合わせる作業のようだった。
「別紙回答書」を返送するが、まだまだ先があって簡単容易にはいかないのだと言う。
どうしてそんなことになったのか、オグリキャップより随分前の不思議な話だった。
一ヶ月も寝込んだ気分で(笑)焦りもあるが、どうにもならないことで少しずつ慣らしていかないと。
夕方「神田の散歩」「読書の今昔」を読む。


[PR]
by venuscat | 2010-07-05 21:00 | 日記