百円馬券


また「酒呑み」に戻りました(笑)。
馬券が当たらない。的中馬券が買えない。
土・日と負けたのだから、おとなしくお茶でもすすっていればいいものを。
やさぐれおばさんは「オサケヲカイニ」行きました(笑)。
久し振りにポテトチップスの大袋も買って、バリンバリン食べました。
インスタントラーメンの父「安藤百福」「生誕百年」チキンラーメン¥35(税込)も買いました。
で。
あ、その前に(笑)。
明け方にブログを上げて「アネモネ終っちゃった」。
雉♂の初音を聴いて、双眼鏡で立ち位置を確認して、起きるのはお昼過ぎかなあと思っておりましたところ、なんと!!
お目覚めは9時25分!!
競馬の体内時計はしっかり出来上がっているようでした(笑)。
中山「中山牝馬ステークス」阪神「フィリーズレビュー」
迷って第2放送を。
競馬の為に短波ラジオを買って聴き始めた頃、メーンR近くになると第1が受信困難になるのでした。
「解説のおじさんたち」の面白さは圧倒的に第2。
そのおじさん面々を軽くいなし、さばきさばかれ(笑)楽しい聴きどころではございます。
で。
「競馬おじさん」は「万馬券」。
もうイセイがいいったらありゃしない(笑)。
「競馬興行」はドロドロと感じることも有りますが、ただ1点サッパリしていて単純明快な救いがここに有ります。
馬券を取った人が勝者。
敗者はただただ首を垂れ平伏すのみなので有ります。
「いつかきっと勝者」の夢を願いながら(笑)。
やさぐれおばさんは「一から出直しかなあ」と考えたりしています。
仏眼を授かって、なまじカンがはたらいて、惜しい度合いが大きくなっているように思います。
最後に「本題の百円馬券」に付いて。
「競馬初心者」と「競馬上級者」向けの馬券です。
初心者から上級者に至るまでが果てしなく遠く長い。
この期間をどう乗り切るか?
運も実力のうちと申しますから、勝ち逃げも有りましょうが、競馬を長く楽しむ為には?
「駒の上げ下げ」も考えましたが、今は「博打の誘惑」と思っています。
ディアイリス(岩田)5人2着。
フィフスペトル(蛯名)2人1着。
嗚呼、真面目な第1聴けば良かった(笑)。
今夜は8番『第14回がんばった大賞』楽しみたいと思います。

d0085267_20145259.jpg

[PR]
by venuscat | 2010-03-15 17:00 | 日記