夜更けに


『京王杯2歳S』『エリ女』うろうろして寝そびれる。
ダッシャーゴーゴーは後藤浩輝J決定のようだ。
プロヴィナージュはサンレイジャスパーが回避すれば、出走となる。
なんとも。
哲三さんの騎乗停止はやはり痛い、勿体ない。
競馬ばかりではと短い随筆を数篇読む。
20代、30代に読むチャンスは確かにあったが、逃してしまった。
選集くらいは買っておけばと惜しい気持ちもあるが、もう細かい活字には気後れもするし、実際負担にもなる。
味わいの深さは歳を取ったからこそと思いたい。
若い時分では背伸びではなかったか。
それにしても、馬柱の細かい活字は良く読める(笑)。
どれほど理解しているかはまた別。
探しているのは「1778」。
どんぴしゃが見つかれば、買い。
昨日の疲れが出た一日。


[PR]
by venuscat | 2009-11-12 04:00 | 日記